フラワーデザインスクールエフデコラシオンHP

フラワーデザインスクール エフデコラシオンのブログ

生徒さんのブログ



友人のブログ




無料ブログはココログ

東京:原宿・表参道・青山

2016.05.09

表参道でリーズナブルなフレンチ ラス(L’AS)

先日、以前から行きたかったお店、表参道にあるラスに行ってきました。
昼も夜もおまかせコース5000円でいただけるということでとても興味がありました

オープンしたての頃は全く予約ができなかった記憶がありますが、最近は早めに予約を取れば予約できると思います。
伺った日は夜ですが、やはり満席でした

Img_5634
ワインのペアリングが5000円でしたので、ペアリングをお願いしました。
どこのシャンパンだったか・・・

Img_5635
自家製モッツァレラチーズ

Img_5636
ペアリングを注文した方にはサービスで、といただいたトカイワイン
次のフォアグラとの相性がばっちりで、私が好きな合わせです

Img_5637
スペシャリテ フォアグラのクリスピーサンド キャラメル・オレンジ味
トカイワインとよく合いますが、中からキャラメルとオレンジの味がするので、ワインがなくても美味しくいただけます。

Img_5639
12ヶ月熟成のコンテチーズをたっぷりとかけた浜松産新玉ねぎの蒸し焼き
こちらは新玉ねぎ、コンテチーズ、オリーブオイルのシンプルなつくりですが、とても美味しいです
それぞれ素材が活かされています。

Img_5640
ニコラ・ゴナン・アルテス13

Img_5642
ルッコラ、スナップエンドウ、メークインのサラダ 佐賀有明産イイダコの煮込みと蛸墨のソース
シンプルな味付けで、それぞれの素材の味がして美味しいです。

Img_5643
アランダ2012

Img_5647
オーロラサーモンのミキュイとホワイトアスパラのソテー サルディーニャ島のカラスミとヨーグルトのソース 菜の花とレモンのディップを添えて
サーモンは表面だけ炙っていて、香ばしく美味しいです。
ホワイトアスパラはシャキシャキして美味しい
カラスミや菜の花の苦み、レモンの酸味と色々な味が楽しめ、またワインにも合うし、奥が深い料理だと思います。

Img_5645
フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ2014

Img_5648
パン

Img_5650
サブレガス アルティザン シラー2009

Img_5652
静岡産富士鶏のロースト フランス産マッシュルームのソテー カシューナッツ 赤ワインソース
写真がボケました

Img_5653
ミニトマトのコンポート、バジルジュレ ピアノグリッロ(ビオオリーブオイル)を添えて
甘みが控えめでバジルの風味が爽やかで美味しいです。

Img_5654
焼き上げベリーのミルフィーユ ストロベリー、モルベリー、リンゴンベリー、カシス、グロゼイユ
ベリーづくしのデザートです。
ベリーの酸味や甘み、またベリーの形を変えることで食感の違いができ楽しめます。
面白いデザートだと思います。

Img_5655
飲み物はオリジナルのハーブティーのみのようです。
ハイビスカス、ペパーミント、カモミール、レモングラス・・・などブレンドされていますが、美味しかったです。

夜に5000円で、これだけの料理がいただけるのは嬉しいですね

2部制なので仕方ないのですが、料理の提供のピッチが早いため、急いで食べなくてはならず、ゆっくり食事という雰囲気ではないかもしれません。
また満席でお客さんもたくさんですし、スタッフさんも大勢いらして活気があるのですが、静かな場所で食事がしたい時はやめた方が良いかもしれませんね

でも料理は美味しいですし、3週間ぐらいでメニューが変わるようですので、また伺いたいと思います。

ごちそうさまでした。

ラス(L’AS)
東京都港区南青山4-16-3 南青山コトリビル1階
TEL:080-3310-4058
営業時間:12:00~13:00(LO15:00) 17:30~22:30(LO24:00) 日祝17:00~22:00(LO23:30)
定休日:火曜日を中心に月6回程

2016.03.20

来店予約制のショコラトリー イルサンジェー東京ブティック

昨年秋にオープンしたフランスの老舗ショコラトリー、イルサンジェーに行ってきました。
フランス、ジュラ地方アルボワ本店以外には表参道のみです。

こちらのお店への来店はメールで予約してからじゃないと伺えないんです。
秋にオープンでしたし、バレンタインやホワイトデーがあったからか、なかなか予約が取れず
しかも東京在住ではない私には当分先しか行けないかも、と思っていましたが、先日、運良く予約できました

Img_5605_3

お店の場所は原宿近く、キャットストリート沿いにあります。
表参道駅や原宿駅からも徒歩で行けますが、最寄り駅は明治神宮前駅になります。

うさぎのシュークリームで有名なニコラハウスと同じビルになり、ニコラさんの看板がとても目立つのでニコラハウスを目指して行くと、すぐにわかります。

Img_5589
入口の扉を開けると赤と黒を基調にした店内にはアンティークの家具や写真が飾ってあります。

Img_5590
ショコラの型が展示されています。

Img_5604
ショコラの入ったガラスケースの周りには、アルボワ本店の写真、4代目エドワール・イルサンジェーの写真、MOF(フランス国家最優秀技術職人賞)を受賞した時の賞状が飾られています。

Img_5592
ショコラの数々。
どれも美味しそう
宝石のように輝いて見えますね。

Img_5599_2
こちらの金の籠には1代目から3代目創作のスペシャリテのショコラが飾られています。
詳しくは後日、他のショコラと掲載しますね。

Img_5593
ジュラ地方の白ワインをいただきながらショコラを試食できます。
白ワインに合うショコラをという商品コンセプトから白ワインと是非召し上がってください、とのことです。

Img_5594
最初の試食はタブレットのクリオロ70%を出してくださいました。
そのままいただくと酸味が強めですが、ワインといただくと酸味が和らぎます。

Img_5596
こちらは奥がアリバ62%、手前がエクストラビター83%です。
アリバは万人受けする食べやすい味だと思います。
エクストラビターは苦みが強いです。苦みが好きな人はこちらが良いかもしれませんね。

Img_5600
ボリビア産のカカオを使ったボリビア75%のもの。
酸味と甘みと苦みのバランスが一番取れている気がして、こちらを購入しました。

Img_5610
18種のショコラが入ったものとタブレットなど購入しました。


イルサンジェー東京ブティック(HIRSINGER TOKYO BOUTIQUE)
東京都渋谷区神宮前4-26-5 神宮前426ビル 1階左手入口
TEL:03‐6434‐9889
営業時間:12:00~19:00
定休日:火曜、水曜

2014.12.23

レフェルヴェソンスに再び行ってきました。

東京で大好きなフレンチのお店、西麻布のレフェルヴェソンスに3年ぶりに行ってきました。

以前の記事はコチラコチラ、2回に分けて書いています。
よろしければご覧ください。

今回も夜に伺いました。
お昼はかなり早くから満席になりますから、ギリギリだとなかなか

最寄駅の表参道から歩くとちょっと遠いので、駅からタクシーです。

Img_5084
こちらは入口です。
以前のブログにも載せていますが、角度が違うかな~と思います。

Img_5085
こちらはウエイティングスペースです。

Img_5090
店内の様子です。
今回は奥の席になりました。
以前伺った際はちょうど写真の真ん中の写っている丸テーブルでした。
奥に写っている席が半個室です。

Img_5086
テーブルセッティング。

Img_5087
シャンパーニュ
でもどこのかわからない

Img_5089
最初に出していただけるオリーブは普通のとオレンジ味です。
こちらは変わらずです。

ディナーは、コース「願いと光」のみ。
タイトルは変わっていませんが、中身はもちろん違います。
今回はメニューをザッと拝見すると和の食材が目立ちます。
和の食材をフレンチにどう活かすか楽しみです

Img_5091
香箱蟹、人参、オレンジを2口で

層の部分を撮りたくて、ちょっと変な写真になってしまいました。

Img_5092
アップルパイの様に#17~
セップ茸、加賀蓮根、手長海老を3口で

アップルパイは以前も同じスタイルで出ました。
番号がついていますので、きっと17種類あるんでしょうね。
蓮根のシャキシャキした食感が好きなので、美味しくいただきました。

Img_5094
パンとバターは変わっていないと思います。
バターはロゴつきです。

Img_5096
ワインは食事に合うものをお任せでお願いしました。
こちらは後の料理のスモーキーさに合うとおっしゃっていたと思います。

Img_5098
とっても寒い日~
鱈の白子のポワレと桜肉のクリュ、長葱のピュレ、芽キャベツ、銀杏、ピモンデスプレット、紫バジルの葉

私は桜肉って食べた記憶がないので初だと思うのですが、美味しすぎてビックリしました
調理の仕方や新鮮さが良いんでしょうね。
鱈の白子は桜肉の下に隠れています。もっちりとして美味しいです
野菜は焦がしてあるので、スモーキーさが不思議なハーモニーです。

Img_5101
定点~
丸ごと火入れした蕪とイタリアンパセリのエミュルション、バスク黒豚のジャンボンセック&ブリオッシュ

ころんとかわいいですね。

Img_5102
白ワイン。

Img_5105
秋と土~
甘鯛をさっと焼いて、里芋のピュレと黒トリュフの香り、カーボロネロ、鱗のクリスプ、百合根、柚子

中身は
Img_5106
甘鯛が鯛ではない食感でした。
美味しかったのですが、ねっとり、というか・・・
香りが柚子やトリュフはもちろんのこと、他の食材からもして、また鱗がアクセントになります。

Img_5104
ワインは食事に合わせて出していただいているため、量は少なめにしてもらっていますが・・・結構飲んでますね

Img_5111
秋の空~
フォアグラのナチュレルと修道院の香り纏う柿、コリンキー、西京味噌のクランブル、オゼイユ・アルジャンテとオクサリス

真ん中のチーズみたいなのが、西京味噌です。
味噌というよりは塩味がするので、チーズっぽい感じです。
最近、柿を料理に使うのを目にしますが、甘さ控えめの柿でフォアグラに少し甘味が加わります。
家で柿が採れるので、今年もたくさん柿食べました

Img_5108


Img_5112
右と左で~
金宣烏龍茶

こちらは以前もいただき変わっていません

Img_5114
炎~
青首鴨胸肉の薪ロティとその内臓のジュ、根セロリのピュレ、ほうれん草とジロール茸、のこぎり草と野生の胡椒

当日入荷した青首鴨があと2皿ならできるということで、せっかくなので青首鴨に変更していただきました。
久々に青首鴨をいただきましたが、ものすごく美味しかったです。
お肉はあまり得意ではない、ましてやジビエは好きではない私でも(じゃ、何で食べるの?と思われそうですが)美味しいと思いました

Img_5116
お肉はナイフを選べるのですが、前回も選びました。
今回はこちらのナイフに。

Img_5117
チーズです。
チーズか時季のお野菜かを選べるのですが、やっぱりチーズにしちゃう
スプーンのはモンドールだったと思います。

Img_5123
秋まっさかり~
熟成和栗のクリームと竹炭プララン、ブールノワゼットのアイスクリーム、黒オリーブ、タカラ牧場の「小さなトム」のムース

お皿が黒なので写真ではわかりにくいのですが、竹炭がかかっています。
私が好きな黒の長方形のお皿です。
前回はこのお皿でいくつか提供されていたのですが、このお皿欲しいんですよね
デパートで見つけたけれど、ちょっと重くてまだ買っていません。

Img_5125
ほのかに焦がした~
リンゴのキャラメリゼとくろもじのアイスクリーム、ミューズリ

メニューを拝見している時から、くろもじって和菓子をいただく時の楊枝よね・・・と思っていたら、やはりそのくろもじでした。


Img_5126
ハーブティにしました。
奥に見えるのがバースディのキャンドルです。
実は私の誕生日ディナーなので、贅沢しました

Img_5127
ミニャルディーズ

今回はシェフとご挨拶ができませんでしたので残念でした。

前回は割って中から出てくるというようなサプライズな料理がありましたし、黒のお皿が多用されていましたので、見た目の好みは前回でしょうか・・・
初と2回目の違いはあると思いますけどね

スタッフの方が料理はその頃(私が伺った3年前)より進化していると思います、とおっしゃっていましたが、素人の私には正直なところ、どう進化したかはわかりませんが、相変わらず美味しかったですよ

今回のワインがスモーキーな感じのあまり飲んだことのないものでしたので、ソムリエさんのセレクト好きでした

ごちそうさまでした。

レフェルヴェソンス
東京都港区西麻布2-26-4
TEL:03-5766-9500
営業時間:12:00~16:00(LO13:30) 18:00~23:30(LO20:30)
定休日:不定休
※予約は2か月先の同日まで

2014.06.23

原宿にあるRestaurant-I (レストラン アイ)にてワイン会

行ってみたかったフレンチレストラン、原宿にあるレストランアイでワイン会があり、先月、参加してきました。

レストランアイといえば南仏ニースでお店を構え、ミシュランを獲得している松嶋シェフのお店で、世界最優秀ソムリエコンクール3位の石田ソムリエがいらっしゃいますね。
松嶋シェフは毎月1回は帰国されるそうですが、お忙しくて先月は帰国されていないようです。

原宿駅から竹下通りを歩いて行きました。

竹下通りは10年ぶりです。
10年ぐらい前、テーブルコーディネートを習っていたのですが、そのお教室が竹下通り沿いのビルにありました。
その当時は、お花の仕事を始めた頃で、フラワーとテーブルコーディネートを学んでいただけるトータルコーディネートの教室を主宰しようと考えていました。
そのためテーブルコーディネートの教室には本格的に学ぶために通っていたんですよ。
ご要望はいただくので、いつかテーブルもスタートしようと思っています

と、私の話が長くなりましたが、懐かしいと思いながら歩き、東郷神社を過ぎ、お店に到着(実は入口はちょっと迷いました
東郷神社の方からではなく、ロータスの方から行ってくださいね。

お店に入るとすでに参加される方がたくさんいらっしゃり・・・私たちは初めての参加でしたが、前の席の方が色々説明してくださり、温かく迎えてくださいました。

以下、写真を掲載しますが、ほとんどの方が写真を撮られていなかったので、じっくり写真を撮るわけにはいかなく
写真が綺麗に撮れていません。無いものもありますし

Img_4893
写真がぼけていますね。

Img_4894
Img_4895
前菜

Img_4896
パン

Img_4897
緑アスパラガス ベーコン風味のサヴァイヨン カルボナーラ
後から見ると胡瓜にも見えますが、アスパラです。

Img_4898
鰻の赤ワイン煮込み
赤ワインに合うようにしてありますね。
美味しい

Img_4899


Img_4900
オーストラリア牛のパヴェ エシャロットコンフィ、モワル ド ブブ

Img_4901
ガトー・ノア ド ペカン
洋酒が利いていて、とても美味しいです

Img_4903
デザートと合います
こちらの写真からわかりますが、店内は暗めで、ちょっと幻想的なんですよ

お料理の量は少なめと言いますか、会費制のワイン会でしたので、腹八分目ぐらいでした

会費からして、そんなに高くないワインだと思うのですが、どれもワインが美味しくて
ソムリエのセレクトが良いのと管理がしっかりしているんでしょうね

次回はワイン会ではなくふつうに食事に行ってみたいです。

ごちそうさまでした。

Restaurant-I (レストラン アイ)
渋谷区神宮前1-4-20 パークコート神宮前1階
TEL:03-5772-2091(予約専用) 03-5772-2151
営業時間:11:30~15:00 (LO14:00) 18:00~23:00 (LO21:00)
※日曜日のディナーは17:00から営業、月曜が祝日の際は日曜日通常営業、月曜日が17:0022:00LO20:00
定休日:第2火曜日
HPはコチラ

2013.09.24

青山のビストロ ブノワにてボーモン・デ・クレイエール ワインセミナー

青山にあるビストロ、ブノワ(BENOIT)で行われたボーモン・デ・クレイエールのワインセミナーがあり、参加してきました。
先月下旬なので、1ヶ月も経ってしまいました

ちなみにワインセミナーは毎月下旬ぐらいにテーマを設けて頻繁に行われているようです。
私は今回初参加

お店は表参道駅B2出口から徒歩3分ぐらいのラ・ポルト10階です。

表参道あたりは、假屋崎省吾先生の教室が世田谷のご自宅教室から引っ越しされて青山の自宅でのレッスンで数年通っていましたし、その後のフランスのフラワースクール ピヴェルディの研修や会議でもよく利用していました。
ここ数年はほとんど表参道には来ていなかったので、久々の表参道駅です。
あまりお店は変わっていないけれど…と懐かしく思いながら歩きました。

エレベーターで昇ると
Img_4248
すでにフランスの雰囲気。

Img_4249
2階に通されました。
たくさんの参加者の方が座っていらっしゃいました。

階段を上がってすぐのところにエッフェル塔のオブジェがありましたが、写真撮り忘れた

ボーモン・デ・クレイエールは1955年設立。
シャンパーニュの中心地エぺルネ地方のマルドゥイユという村にあります。
生産者共同組合(CM)が造る100%自社畑100%自社圧搾の完全自社生産体制です。
詳しいことはコチラをご覧ください。

Img_4252
NV Grande Reserve
24ヶ月熟成のシャンパーニュ。
 

Img_4251
こちらはマグナムでいただいたので、より美味しいです。

Img_4250
グジェールです。
何だかタコ焼きにも見えますが・・・

Img_4255
続いては84ヶ月熟成
シャルドネ100%。
Img_4256
2004 Fleur Blanche
香りが良くて美味しいけれど、私は先程のNV Grande Reserveの方が美味しく感じられました・・・最初の1杯だから?それともブランドブランだと期待しすぎかしら

Img_4253
夏野菜の冷たいラタトゥイユと半熟卵
ラタトゥイユだけでも凄く美味しいのですが、卵と混ぜるとマイルドになってより美味しいです。

Img_4258
2003 Fleur Noire
Img_4259
72ヶ月熟成。
ピノノワール70、ピノムニエ30です。

Img_4262
イサキのポワレ アーティチョーク 不断草
アーティチョークはグリーンの薄いので、グリーンの濃いのが不断草です。
不断草は初めて食べたと思いますが、ほうれん草をちょっと苦くしたような味でした。
イサキ、美味しい

Img_4260
2004 Fleur de Rose 
60ヶ月熟成 香りが豊かです。

Img_4264
パンはこちらです。

Img_4265
1999 Nostalgie 
108ヶ月熟成 シャルドネ65、ピノノワール35
魅力を全て併せ持つ最上級キュヴェ。

Img_4272
ピーチメルバ 桃のコンポート バニラアイスクリーム
こちらにソースがかかります。

Img_4274
ソースはラズベリーだったかな

Img_4275
24ヶ月熟成のやや甘口のシャンパーニュ。
桃の香り。
NV Grande Nectar
ボトルは撮り忘れました。

かわいいと話題のトイレに入りました。
Img_4267
壁とカーテン。

Img_4270
フランスのホテルみたいですね。

参加されていた方はやはり女性が多かったです(大体そうですよね
大人数なのに、それぞれのテーブルでちゃんと説明もしていただけて、とてもわかりやすかったです
それに人数が多いと料理が・・・ということを何度も経験していますが、全くそんなこともなく

私は東京に住んでいるわけではありませんので、日にちが合わないとなかなか参加できませんが、また参加したいです

ごちそうさまでした。

ブノワ(BENOIT)東京
渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山10階
TEL:03-6419-4181
営業時間:11:30~16:30(LO14:30) 17:30~23:30(LO21:30)
定休日:年中無休

2013.05.30

フロリレージュ(Florilege) 外苑前

予約がなかなか取れないことで有名なフレンチのお店、フロリレージュに行ってきました。

更新できずお店に伺ってから数ヶ月が経ってしまいました
細かいことは忘れてしまいましたので、ほとんど写真の掲載になりますが、ご覧いただけましたら幸いです。

Img_3833
外苑前駅から徒歩5分ぐらいでしょうか。
階段を上がってところにお店があり、お店の看板に辿り着きます。

Img_3863
店内です。
奥に半個室になった席もありますが、2名席が5卓しかなかったと思います。

Img_3864
こちらは壁に描かれたお店のロゴ。
よく見るとアルファベットのFなんですね。
パッと見たらただお花のマークかと・・・
フロリレージュはフランス語で詩華集のことだそうです。

Img_3834
テーブルコーディネート。
かなり前にテーブルコーディネートを習っていたので、レストランで見ると、やっぱり教室しようかな~と思ったりします
やってほしい、というお声はいただくのですが・・・

夜のコースはおまかせ10500円のみです。

Img_3835
やっぱり最初はシャンパンでしょう

Img_3836
こちらの前菜、プランターの家庭菜園や多肉植物の鉢からインスパイアされたものですよね。
クレープになっていますが、キャビアはやっぱりお酒が進みますね

Img_3837
オリーブのパン?だと思います。

Img_3839
こちらは何だったか記憶がなく・・・右側が貝、あさりだったかと

Img_3840
パンはこのように立てた状態で提供されます。
パンは井の頭線、駒場東大前にあるル・ルソールのものだそうです。
パン、すごく美味しいです。

Img_3842
バターは細長いです。

Img_3846
こちらはメレンゲです。
一瞬、何だろうと思いましたが、この後
Img_3847
フォアグラがのります。
フォアグラはレアな状態で出されますので、私はこのメレンゲと一緒にして食べないと、生っぽくて食べれないです。

Img_3852
お魚です。
ソースがとても美味しかったです
右はひげ人参だそうです。

Img_3849
アルザスの白

Img_3850
赤ワイン

Img_3854
お肉料理です。
お肉はContemporainとClassiqueの2皿構成ですので、この後形を変えて提供されます。

フランスでお花を習っていた時、フランス人デザイナーが、これは現代風のアレンジ、これは・・・と言っていたのを思い出します

Img_3857
こちらは同じお肉を使ったもう一皿。
ラザニアのような、水餃子のような・・・でもとても美味しかったです。

Img_3856
赤ワイン

Img_3858
デザートです。

Img_3861
デザートは2品です。

友人がデザートはあまり得意ではない、と事前にお話しておいたので
Img_3859
チーズの盛り合わせに変更してくれました。
盛り付けが華やかですね

Img_3868_2
誕生日のお祝いのプレート。

Img_3867
私はコーヒーではなくハーブティにしました。

Img_3870
お茶とともに。

座った場所がわりと出入り口に近かったので、帰りに次回の予約を取って帰られるお客さんが数組いらっしゃいました。
人気なのがわかりますね。

隣の席の男性が写真を撮りながら、食べるたびにうなっていました。
それがとても印象的で

細かいことを忘れてしまいましたが、美味しくいただけました。

ごちそうさまでした。

フロリレージュ(Florilege)
東京都港区南青山4-9-9 AOYAMA TMI 1F
TEL:03-6440-0878
営業時間:12:00~13:30(LO) 18:30~21:00(LO)
定休日:水曜日、年末年始

2012.01.25

レフェルヴェソンス~その2~ 西麻布

先日のレフェルヴェソンスの続きです。(前半の記事はコチラ

お魚料理です。
Img_2212
ノルマンディーの記憶~鮃の低速調理とモンサンミシェルのムール貝のピュレ、落花生オイルのエミュルション、シャントレルとユリネ、ノコギリソウ
鮃は低温で焼くことで、焼き過ぎずちょうどいい火入れになるのでしょうね。
生に近い食感です。

Img_2214
白ワイン

Img_2215
Vice versa~逆もまた真なり フォワグラのナチュラルと梨、薔薇の花びらのジャムとパンプルネル、ピンクペパー
私はフォワグラに甘いもので合わせる料理が好きなので、こちらは大好きです。
甘いものと言っても甘みを抑えた梨と薔薇のジャムで甘過ぎることはないです。
ピンクペパーがアクセントのなって違う味になります。

Img_2218
右と左で~金宣烏龍茶
メニューを見た時から右と左で?と思っていましたが、いただくとわかります。
味は烏龍茶ですが、温かいのと冷たいのが口に入ってきます。
写真で見ても層になっていませんよね。いただかないとわからないです。
不思議 

前半の記事(コチラ)からお気づきの方もいらっしゃると思いますが、店内の照明が計算されているので、幻想的な空間になっています。
明るいところと暗いところがあるからか、写真は腕が悪くても綺麗に撮れます
ただ手元は暗いため、お料理はテーブルの真ん中で撮らないと暗くなってしまい料理が映えません。

Img_2220
フランス・ブレス産仔鳩のロティとそのジュ、白人参のピュレと白インゲン、アジャン産プルーんのアセゾヌマン、コリアンダーの葉と野生の胡椒
メニューは細かく記載されているので、わかりやすいですよね。

Img_2219
お肉のナイフは選べます。

Img_2221
赤ワイン

次はチーズか時季のお野菜か選べるのですが、Img_2223
もちろんチーズで。

Img_2224
蝶のさがしもの~ショコラノワールとカルダモン香る紅玉、発酵乳のアイスクリーム、ジャックローズのジュレとあちらこちらのお花たち
紅玉に光が当たって月の影が・・・
こんな計算されたデザートは初めて。

Img_2225
中を割ると出てきたのが、紅玉、ジュレ、お花です。
ネーミングも可愛いし、女の人は好きだと思います。
このデザインは実際のお花のデザインにも使えますね。全く同じは無理だけれど。

Img_2226
お茶はハーブティにしました。

Img_2227
軽快なモンブラン

Img_2228
プチフールも可愛い。
お皿は泡の模様ですね

夜に伺ったということもありますが、店内の雰囲気がとても良いです。
味も斬新かつ繊細で、私は好きです。
名古屋にあれば頻繁に行くと思います。

ごちそうさまでした。

レフェルヴェソンス
東京都港区西麻布2-26-4
TEL:03-5766-9500
営業時間:Lunch 12:00-14:00 Dinner 18:00-21:00
定休日:月曜日
   

2012.01.20

レフェルヴェソンス~その1~ 西麻布

東京港区西麻布にあるフレンチのお店レフェルヴェソンスに行ってきました。
11月下旬に発表されたミシュランで1つ星を獲得されています

表参道駅からタクシーに乗りました。フジフィルムと長谷寺の間ぐらいにあります。

シェフは有名大学を卒業していて、北海道のミシェル・ブラス トーヤ ジャポンにいらっしゃいました。
ミシェル・ブラス トーヤ ジャポンは、生徒さんで毎年11月のミシェル・ブラスが来日される際にに行かれている方がいらっしゃって話は伺っていますが、私は詳しいことはわかりません

斬新さと繊細さが感じられるレストラン。私の好きなお店の1つになりました

伺ったのは12月上旬。
エディション・コウジ シモムラ(記事はコチラ)に伺ったのと同じ時期に伺いました。

Img_2191
こちらは入口です。
写真では撮っていませんが、入口横には水が流れていて灯りが水面に当たり、幻想的な雰囲気です。

Img_2197
店内です。
お店が広く、間隔を開けてテーブルを設置しています。
テーブルの間隔が狭くて落ち着かないお店ってありますが、優雅な気分でいられます。

夜のコースは1コースのみです。
願いと光 Un souhait et la lumiere

私はもともとLumiereというフランス語が好きです。

Img_2192

お皿をアップすると・・・
Img_2194
レフェルヴェソンスとは直訳すると「活気」「泡」という意味だそうです。
こちらのお皿もそうですが、泡をモチーフにしたものが他にもあります。
こだわりがいいですね。

まずはシャンパーニュで
Img_2196
写真ではわかりにくいのですが、奥に写っている壁面は泡をモチーフにしているそうです。

Img_2195
普通のオリーブとオレンジ味のオリーブです。

Img_2198
渡り蟹のフランと柚子を2口で
こちらの器にも泡が

Img_2200
上部はピスタチオの泡です。

Img_2199
液体窒素で作る柚子のシャーベットです。

Img_2201
こどもの日の思い出から~「ジ・アップルパイ」 熊野地鶏のラグー、フォワグラを3口で
シェフのアップルパイの思いが書かれたメッセージとともに提供されます。

Img_2202
さくさくしたパイ生地の中身はラグーとフォワグラです。

Img_2204
シャンパーニュ2杯目
最近大好きなペリエ ジュエ

Img_2203
グラスも素敵

Img_2207
バターの模様まで泡ですね。

Img_2208
パンも美味しかったです。

Img_2209
新いかのア・ラ・プランチャ、カリフラワーと塩漬けレモンのピュレ、ブラックオリーブオイルと野草たち
いか、美味しい~。
火加減が絶妙です。

Img_2210
丸ごと火入れしたカブ、パセリのエミュルション、生ハムとブリオッシュ
生ハムの塩味がちょうどいいです。
カブはしっかりした味です。

お料理の紹介はまだ3分の1しかいっていません
まだ続くので、分けて掲載します
後日更新いたします。 

その他のカテゴリー

お土産 ご挨拶 その他 イタリアン イベント インドカレー ウエディング カフェ 喫茶 グアム コンサート コーヒー シャンパン ショコラ ショコラのお店 ジャム スペインバル スペイン料理 チカマチラウンジ チーズ デパート:ジェイアール名古屋タカシマヤ デパート:伊勢丹新宿店 デパート:名古屋栄三越 デパート:名鉄百貨店 デパート:大丸東京店 デパート:松坂屋名古屋店 デパート:西武池袋本店 ドライフルーツ ノリタケの森 ハウステンボス ハチミツ パティスリー パン パーティ ビストロ フラワー イベント フラワーアレンジメントレッスン フラワーデザインスクール エフデコラシオンからのお知らせ フレッシュフラワー フレンチ プリザーブドフラワー ベトナム料理 ホテル ミッドランドスクエア ラーメン ワイン ワイン イベント ワインショップ ワインバー ワイン会 三重 中国料理 中国茶 丸ビル 京都 割烹居酒屋 取材 和菓子 和食 地中海料理 多国籍料理(その他) 天ぷら 岐阜:岐阜市 岐阜:関市 岐阜:高山市 愛知:その他 愛知:一宮市 愛知:名古屋市 愛知:稲沢市 撮影 日本酒 書籍 東京ミッドタウン 東京:上野・秋葉原 東京:六本木・麻布・広尾 東京:原宿・表参道・青山 東京:新宿 東京:日本橋・東京駅 東京:池袋・要町・目白 東京:浜松町・品川 東京:渋谷・恵比寿・白金 東京:神楽坂・飯田橋・四ツ谷 東京:赤坂・溜池山王 東京:銀座 沖縄 洋菓子 洋食 焼き鳥 焼肉 甘味処 神奈川:箱根 神奈川:鎌倉 紅茶 紅茶専門店 緑茶 美容 美術館 習い事 花・芸術文化協会 蕎麦 表参道ヒルズ 西洋料理 豆腐 鉄板焼き 静岡 食材 JRゲートタワー JRセントラルタワーズ

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー