フラワーデザインスクールエフデコラシオンHP

フラワーデザインスクール エフデコラシオンのブログ

生徒さんのブログ



友人のブログ




無料ブログはココログ

東京:銀座

2014.11.03

銀座 ロオジエ 1周年アニバーサリーランチ

11月になりましたね。
今年もあと2カ月、月日が経つのは早いですね
今月は誕生月なので、毎年のことですが誕生日が終わると特別に何かがあったわけではなくても、あっという間に年末になり年が明けるような気がします。
ただ気分的なものでしょうけどね

さて話を本題に。
誕生日の食事に伺ったのは資生堂本社ビルにあるロオジエです
友人が先月誕生日で、私が今月ですので、誕生日会の食事です
ちょうどロオジエのリニューアルオープン1周年アニバーサリーの時期でしたので、アニバーサリーランチをいただきました。

かなり前、10年以上前のジャック・ボリー氏がシェフの時に伺ったことがありますが、その頃はブログをやっていませんでしたので写真を撮るなんてこともなく、頭のかなり奥に何となくの記憶といいますか・・・
料理は素晴らしい美味しさで、優雅な時間が過ぎていきました
またスタッフやソムリエの方が常にこちらを向いていらしてサービスが素晴らしかったのと、料理に合わせてワインを飲んでいたら金額がビックリということぐらいしか覚えておりません

Img_5052
入口からすぐのウェイティングスペースにて。
お花はダニエル・オスト氏がされていますので、こちらもそうなのかな
写真はメインダイニングはNGですが、こちらはOKなんです。

Img_5053
ちょっと写真がブレてしまいましたが、下がメインダイニングです。

Img_5054
トイレのパウダールームです。
化粧品が置いてありますが、もちろん資生堂

お料理の写真はカメラを預けてスタッフの方にお願いしました。

Img_5056
アヴァン・アミューズ

Img_5057
アミューズ・ブーシュ
キャビアがどこのだったかな
説明をいただきましたが、間違って覚えているかもしれませんので記載しません。

Img_5058
帆立貝のロティ セップ茸のクリーム 栗のチップスとアルバ産ホワイトトリュフ添え かぼちゃのニョッキ ムース仕立てのキノコのブイヨン
トリュフの香りとキノコのソースの香りが感じられ美味しいです。
秋ですね~

Img_5059
サラダ菜に包まれた甘鯛のヴァプール クレソンのクーリィ 蕪のフォンダンと貝類 鱗のクルスティヤン ソースシャンパーニュ
クレソンのクーリィが良い風味でした。

Img_5060
和牛フィレ肉のロティ トリュフソースのラケ フォアグラのラヴィオル 野菜のコンフィ
この上にソースをかけていただきます。
ダイニングでは撮れないので、食材だけのようですが、ソースがかかると食欲が増します
上部の餃子みたいなのが、フォアグラが入ったラヴィオルです。
やっぱりフィレは美味しい

Img_5065
こちらはアヴァン・デセールになりますでしょうか。
メニューに記載はないですが。
メレンゲの下は栗だったかな
この頃には話が弾んでいて覚えていないかも

Img_5066
プレ デセール
食べるのがもったいないくらいかわいいですね

Img_5067
洋梨のコンポートとカシスのクレーム ソルベポワール ヌガティーヌのアクセント
下に何となく見えるものが洋梨です(大根にも見えたのですが

この後はフリヤンディーズのワゴンをいただきました。
どれも美味しそうなのですが、お腹が限界になりつつ・・・
でもせっかくなのでショコラやギモーブ、キャラメルなどを少しいただきました。
そういえば高級フランス料理店はデセールが続くことを忘れていた
もうお腹がいっぱい

ワインはボトルの写真をお願いしました。
Img_5061

Img_5062
シャンパーニュをグラスで

Img_5063_2

Img_5064
赤ワインもグラスで

最後にシェフのオリヴィエ・シェニョン氏が各テーブルに挨拶にきてくださいます。
玄関でも写真を撮っていただきました。
気さくな優しい雰囲気のシェフです。

以前より席数が多くて席の間が広いような気がしますが、あまりにも前過ぎてほとんど覚えていないのです

でもカトラリーは以前と同じくピュイフォルカということはちゃんと記憶しています
以前伺った時は、ちょうどテーブルコーディネートの教室に行っていましたので、勉強も兼ねてフレンチに行っていました。
食事というよりカトラリーや食器を見たり、テーブルセッティングや内装、空間装飾をよく見ていました。
それが今の仕事の役に立っているかはわかりませんが、全く無駄ではなかったと思っています
良い物や芸術に常に触れるということはとても大切なことなので、これからも美味しいものを食べに行くのはやめられません

ロオジエには頻繁には行けませんが、記念日などにまた利用したいと思います。

私は名古屋から新幹線で直接お店に行きました。
名古屋からですと、品川で山手線に乗り換えて新橋駅3番出口から行くのが便利だと思います。

ごちそうさまでした。

ロオジエ
東京都中央区銀座7-5-5
TEL:03-3571-6050 0120-156-051
営業時間:12:00~14:00(LO) 18:00~21:00(LO)
定休日:日曜(月曜祝日は営業)GW、夏季、年末年始
HPはコチラ

2014.01.15

銀座のフレンチ レストラン ドミニク・ブシェ トーキョー

銀座五丁目にあるフレンチ、レストラン ドミニク・ブシェ トーキョーに行ってきました。
昨年秋に行きましたので、日にちが経っています

中央通りの一本南、あづま通りに面した銀座清月堂ビルにお店があります。

テレビやフィガロのレストラン特集などで最近よく見かける話題のレストランです。
私が伺った時は発表前ですが、ミシュランで星を取ったみたいですね

今回、自分の誕生日ディナーで・・・
以前行ってすごく好きなレフェルベソンス(以前の記事はコチラ)か、久々にアルシミスト(以前の記事はコチラ)か、行きたい候補の一つでもあるコンラッドホテル内のレストラン、コラージュか・・・と迷いましたが、私が伺おうと思った日にちはレフェルベソンスもアルシミストもほぼ満席のようで
こちらのドミニクブシェも多分いっぱいだろうと半分諦めて電話をしたら、予約が取れました

Img_4485
ビルの看板など外観です。
ここから右へ地下へと進みます。
正面はギャラリーです。

Img_4487
入口から少し中に入ると地下1階のカフェスペースになります。
すぐにこちらのオブジェのようなワインセラーが目の前に広がります。
ワイン上部の形や色などを統一すると,、まるでアート、オブジェに変わるんですね
入ってすぐにテンション上がります

Img_4489
カフェスペースは一枚板を合わせたカウンターテーブルと奥にはテーブル席が設けられています。
こちらはシャンパンーニュだけ楽しむことができるんです。
パリでこんな感じの雰囲気のカフェに入ったことあるな~と思いながら

また階段を下り、地下2階まで案内されると、白を基調とした天井の高い空間が広がります。

Img_4492
ちょうどお花が目の前に飾ってあるテーブル席に案内されました。
この奥はトイレなので、目隠しの役割も兼ねてお花を飾っていますね。
赤黒のようなカラーは私もレッスンよく使います。

Img_4491
左側の壁面とテーブル。
絵画はシェフを親交のある画家のものだそうです。

Img_4504
テーブルの上にはラタボール。
レッスンでは最近ほとんど使っていませんが、私がこのボールが好きでオーダーいただいたプリザのアレンジや生花のアレンジで以前はよく使っていました。

Img_4493
テーブルセッティング。

Img_4494
シャンパーニュはお店が特別に作ってもらっているシャンパーニュ

コースは本日のオススメ10000円もありますが、お料理が選べる15000円のコースにしました。

Img_4497
こちらはメニューですが、見開きするタイプではなく、用紙をめくるタイプです。
資料を見ているような気分になりますが

Img_4495
グジュールとクッキーです。

Img_4499
アミューズブッシュ

Img_4501
蕪の中には詰め物です。
帆立の味だったかな~
もしかして他と勘違いしているかもしれません

Img_4502

Img_4503
ワインはグラスワインにしました。
選んでいただきました。
有名なソムリエさんがいらっしゃるのですが、あ、この方だわ、とちょっとミーハーに

Img_4500
パンはこちらのオリジナルかどちらのなのか聞いていないのでわかりません。

Img_4505
こちらは私の前菜。
フォアグラのポアレ イチジクのロティ キャラメリゼしたリンゴ ポルトの香りのブラウンソース
イチジクとリンゴがフォアグラに合います。
フォアグラにイチジクは私が一番好きな組み合わせ

Img_4506
こちらは友人の前菜。
シャテーニュ栗のヴルーテ パンデピスの香り
こちらのメニューとも迷いましたが・・・とても美味しいとのこと。

お魚もまた迷うほどどれも魅力的なメニューです。
でもオマールにしました。ちょうどニュースでは食品偽装で海老が話題の頃でした・・・

Img_4508
オマール海老のロティ セロリとシャンテーニュ栗を詰めたプチオニオン
オニオンはセロリの香りのするクリーム(専門用語ではクリームじゃないと思いますが)が詰められていて手が込んでます。
海老はプリッとしてもちろん美味しいです

Img_4509
友人のセレクトしたお魚料理。
尾長鯛のポワレ ウイキョウのラビオリ タイムの香りのトマトのコンフィ 柑橘風味のバターソース

Img_4512

Img_4513
赤ワインも選んでいただきました

Img_4518
私のお肉はフィレです。
牛のフィレ エシャロットのコロッケとむらさき芋のチップス
写真では奥ですが、エシャロットのコロッケがただのコロッケと違って美味しい

Img_4514
シェフのスペシャリテで、お店の方にも勧められました。
牛テールの赤ワイン煮こみ 「ミレニアムカップ」

Img_4515_2
付け合わせのマッシュポテトとお野菜。
マッシュポテトは濃厚で美味しいようですよ。
次回はこれにしよ~と

Img_4519
こちらは私のデザート。
外はさっくり中はとろりのショコラのミキュイ マンゴのソルベ
Img_4521
写真がぼけていますが、中身はこんな感じです。
ネーミングどおり外はサックリしてます。

Img_4520
こちらは友人のデザートです。
モンブラン アーモンドのメレンゲ 洋梨のソルベ

Img_4522
プチィフールです。

コーヒーか紅茶、ハーブティが選べます。

アラカルトもいただけますし、カフェではシャンパーニュと食事を軽くいただけますので、カジュアルにも使えると思います。

レストランの天井の高さや、地下だというのに自然光を取り入れたかのような計算された光・・・など空間の使い方が上手いと思いました。

やっぱり特別な時に伺いたいレストランですね。

ごちそうさまでした

レストラン ドミニク・ブシェ トーキョー
中央区銀座5-9-15 銀座清月堂ビル地下1階と地下2階
TEL:03-5537-3290
営業時間:カフェ(地下1階)11:30~13:30(LO) シャンパーニュタイム18:00~22:00
       レストラン(地下2階)11:30~13:30(LO) 18:00~20:30(LO)
HPはコチラ

2013.03.22

ラール・エ・ラ・マニエール 銀座 ~食事編~

銀座にあるフレンチ、ラール・エ・ラ・マニエールの前回はお花やインテリアの内容だけで終わりましたが(やっぱり職業柄、はずせないので)今回はお食事について書きます。

Img_3744
やっぱり最初はシャンパンですね

Img_3745
グラスでいただきました。

Img_3747
アミューズです。
器が細長くて写真の構図が難しい
右から2つ目はミニトマトにアメがコーティングされています。
どこかのレストランでもいただいたことがあります。流行なんですかね~

Img_3751
赤座海老と百合根のコンポジション
百合根の並べ方がカルガモ親子みたいに見えるなぁ・・・と思うのは私だけ?

Img_3753
パンは新丸ビルに入っているパン屋さんのものだそうです。
店名が聞き取れなかったけれど、新丸ビルならポワンエリーニュのものだと思うのだけれど・・・
すごく美味しいパンです

バターは変わった出され方をするのですが、
Img_3754
写真に影が入ってしまって綺麗に撮れていませんが
丸型のバターがキャンディのようにひとつずつ包まれています。
水色が胡桃入りバターでピンクの方は何だったか忘れましたが、味の違うバターが数種類あって盛りカゴで出てきましたので、初めは何が出てきたんだろうと思いました

パンがすごく美味しいので、バターがなくても美味しくいただけますが、色々な味が楽しめるし、味が変わるので飽きずに食べられますね。

Img_3749
白ワイン
ワイン3種セットになったものをいただきました。

Img_3757
白子のベリエ シェリービネガーの泡
最近白子のフリッターを食べることが多いです。
淡泊な白子をフリッターしないとソースには合わないと思いますが、久々にもみじおろしで食べたいかな・・・

Img_3759
白ワイン

Img_3761
貝のフリカッセ 根パセリのコンポート
量が少なめということもありますが、ソースもくどくなく貝はプリプリしていて美味しいです。

Img_3763
お魚です。
グリーンのソースは春菊だったと思うのですが・・・違うかもしれません
付け合わせの野菜が美味しいです。

Img_3765
次はお肉なので赤ワインにしました

Img_3766
フランス産仔鳩のロティ 野菜のブレゼ
赤身のお肉は柔らかくて美味しいです。
先程の魚の付け合わせもそうでしたが、野菜が美味しいです。
野菜そのものの味が活きています。

Img_3768
アヴァンデセール
この器、少し傾いているんです。
Img_3769
横から見るとわかりやすいですね。
傾きがちょうど食べやすい向きになっています。

Img_3771
ドモリ社サンビラーノのショコラチューブ 赤い果実のソルベ
ドモリ社とは北イタリア、トリノにある会社で、サンビラーノ産は最高級クーベルチュールのようです。
チョコレートが濃厚で美味しいです。
もちろん果実のソルベも

このお皿のグレーで磨りガラスのような風合いがデザートに合っていて幻想的な雰囲気です。

そしてコーヒーとプティフールです。
Img_3773
私はオレンジにチョコレートがコーティングされているものが大好きなのですが
最近ショコラの講座でもいただき購入したレミ アンリのオランジェット ヌメロアンが美味しすぎて比べてしまうんだよな~(レミアンリは更新できたら後日更新します!)
こちらも美味しいです

Img_3774
プティフールが出されたので、もう終わりだと思ってトイレに行っていたら、こちらが出されていました。
プリンみたいなババロアみたいなものです。

全体的に量が少なめで品数は多いと思いますが、意外と腹八分目な感じです(私だけかもしれませんが・・・

デザートの多さとボリュームの抑え方、店内の内装は女性を意識していると思います。
それと前回更新したお出迎えのバラも女性ならテンション上がりますよね。
男性はこれからおつきあいしたいと思っている女性をお連れするといいかもしれません

ごちそうさまでした。

ラール・エ・ラ・マニエール
東京都中央区銀座3-4-17 オプティカ B1
TEL:03-3562-7955
営業時間:ランチは火曜日~土曜日11:30~13:00(LO) ディナーは月曜日~土曜日18:00~
定休日:日曜日

2013.03.19

ラール・エ・ラ・マニエール 銀座 ~お花やインテリア編~

先日、銀座にあるフレンチレストラン、ラール・エ・ラ・マニエールに行ってきました。
ちょっと舌を噛みそうな店名ですが「正しい導き方」という意味だそうです。

松屋銀座やプランタンの近くにあります。

Img_3740
雑居ビル?のように飲食店がたくさんあるところに突然、こんなお洒落な看板があり
私、この唐草模様のエレガントで流れるデザインが好きなので、教室のHPや名刺のロゴはそのようにしてもらっています
この看板を見ながら地下へ階段を下ります。

Img_3741
テーブルセッティングにバラの花が大胆に?置かれています。
よく他の方のブログや食べログに掲載されているのを拝見していたので、これだ!と思いながら。

このガラスのお皿をレッスンに使いたいなぁ~と
Img_3742
横から写真を撮ってみました。
厚みがありますね

Img_3743
店内は照明が落としてあり、少し暗めです。
キャンドルを点けると幻想的な雰囲気につつまれますね

Img_3746

このバラが真ん中にあったガラスの花器にセットされます。
始め、お手拭き用の入れ物なのかと思いましたが、お花を入れるためでした。
花器のデザインは上部が絡まっていますが、下は空いているため、お店の方がお花の向きを定めるのに苦労されていました。
こういう時はワイヤーを使うといいですよ・・・と言おうと思いましたが、一生懸命されていたのでやめました

Nec_0150
こちらはトイレの天井部分です。
バラを模ったシャンデリアのような電灯ですね。
細部までお洒落だな~と感激です

今回は長くなりそうなので、2回に分けて更新します。
次回はお料理やワインです。

2012.08.04

ル・シズィエム・サンス・オエノン(le 6eme sens d'oenon) 銀座

銀座コリドー通りにあるル・シズィエム・サンス・オエノンにやっと行ってきました。
女性誌MISS3月号に掲載されていて行きたいと思っていたお店です。

ドミニク・コルビ氏がプロデュースするお店で、レストランとしてカフェとして、またバーとしても利用出来るお店です。
レストランは予約が必要なようですが、予約が要らない(正確に言うと予約ができない)気軽に利用できるカフェの方で食事をしました。

ル・シズィエム・サンスとは第六感のこと。
五感を超えた感動を味わって欲しいということで第六感という名前なのだそう
レストランで食事をするということは五感をフルに使うことだと思いますので、素敵なネーミングですね。

店内はオレンジを基調とした明るい空間で通りに面しています。
HPや女性誌で見ていた時はとても広いお店かと思いましたが、意外とこじんまりしたお店です。

Img_3259
カトラリーレストもオレンジでアクセント使い。

お水のグラスも少し傾いていてお洒落なグラス。
パリで見かけたことあるけれど

メニューはアラカルトやドリンクメニューもありますが、ほとんどの人がオーダーしているのは前菜、メイン、デザート、飲み物で1,500円のカフェコースです。
こちらに+1,000円でグラスワインとチーズのつくコースもあります。
私はこの後ワインを飲む予定があったため、今回はワインとチーズは諦めました

Img_3260
タピオカ入りのカボチャのスープ。
スープに見えない、こんな華やかなのはなかなか無いですね。
しかも美味しい

Img_3261
サーモンです。
ソースはマスタードや野菜の味がして華やかさと深みがあります。

Img_3262
デザートはパンナコッタとパイナップルのアイス。
とても美味しいです。

この後カフェがつきますし、写真は撮っていませんがバゲットもつきます。

これで1,500円とはかなりリーズナブルです。

もともと名古屋の友人で、現在は仕事で東京にいる友人が「東京のお店の新規開拓ができたし、一人でも来られるからここなら何度も通ってしまう・・・」と言っておりました。

メニューは2週間ぐらいで変わるようですので、何度来ても飽きずに食事ができますね
私も東京に住んでいたら頻繁に通うのにな~

ごちそうさまでした。

ル・シズィエム・サンス・オエノン(le 6eme sens d'oenon)
東京都中央区銀座6-2-10
TEL:03-3575-2767
営業時間:カフェ11:00~22:00
         レストラン(予約制)12:00~14:00(LO14:00) 18:00~21:00(LO21:00)
定休日:日曜・祝日

2012.07.15

ジャッジョーロ銀座

東京に行った際、イタリアンのお店、ジャッジョーロ銀座に行ってきました。
フィレンツェの世界最古の薬局として創業したサンタ・マリア・ノベッラの自然治癒をもとにしたリストランテです。

店名のジャッジョーロはアイリス、菖蒲のイタリア語です。

Nec_0936
銀座7丁目デュープレックス銀座タワーB1にあります。
こちらの階段の下にお店があります。

Nec_0937
ドアの前は仏像?のディスプレイが
中に入ると全然雰囲気違うんですけどね。

店内の写真はありませんが、重厚感もありスタイリッシュなんです。

Img_2867
テーブルセッティング。
お昼ですが、店内は照明が落としてあり、大人のレストランといった感じ。

Img_2868
お酒のあまり飲めない友人との食事だったので、お店オススメのハーブ水にしました。
私はローズヒップです。
体に良さそうです。たまにはワインじゃないのもいいかも

Img_2869
季節のアミューズ。

Img_2872
前菜はお店の名物料理、15種類のハーブサラダ。
オンラインでも販売されています。
味付けは薄味で、ハーブをたくさん食べられます。

Img_2873
パスタは3種類から選びました。
カロチーノオイルを使ったパスタ。
カロチーノはパームオイルの果肉部分から抽出したオイルです。

Img_2875
メインは4種類から選びます。
天然真鯛のハーブ蒸しにしました。
ハーブの香りが心地良いです。
とても美味しいです。

Img_2876
デザートです。

Img_2878
最後はハーブティとお菓子をいただけます。

ハーブに癒され、また優雅な気分を味わえるお店です。
体の中から健康になれる食事は嬉しいですね。

私は数回伺っていますが、好きなお店です

ごちそうさまでした。

ジャッジョーロ銀座
東京都中央区銀座7-10-5 デュープレックス 銀座タワー7/10 B1F
TEL:03-5537-2233
営業時間:12:00~14:30(LO13:30) 18:00~22:30(LO21:00)
定休日:日曜日

2012.06.04

スイスのショコラトリー ブロンデル(Blondel)

先日発売された季刊誌ベストフラワーアレンジメント夏号の撮影で東京に行った際に伺ったブロンデルの紹介です。
スイス ローザンヌのショコラトリーです。

ちょうどサロン・デュ・ショコラで買い損ねたブランドだったので、絶対に行こうと思ってました。

銀座8丁目にあります。
1階はショップで2階はカフェになっています。
せっかくなので、カフェでショコラショーをいただくことにしました。
Img_2888
厨房がガラス張りになっています。

Img_2890
私はカネル ミエルにしました。
シナモンとハチミツです。
ダークショコラショー、ミルクショコラショーが数種類、他にウィスキー、ラム酒が入ったレ ロム、バニラ風味のル ヴァニーユなどあります。

チョコレートはもともと飲み物で、薬、媚薬として用いられていました。
チョコレートを飲むのは贅沢なことかもしれませんね。

1階のショップで色々購入しました。

Img_2949
こちらがサロン・デュ・ショコラで買い損ねたトリュフ アンシエンヌ。
かつてはトリュフは細長い形をしていたそうです。

Img_2950
コンフィズリー。量り売りです。
砂糖漬けされたオランジュとシトロンをチョコでコーティング。
オランジュはよくあるけれど、シトロンはあまり見かけませんね。
他にもアナナ、パイナップルがあります。

Img_2951
大好きなマロングラッセ

Img_2954
以前記事にしたミラノのジョヴァンニ・ガッリ(記事はコチラ)のペーストとは違って栗の存在感のあるマロングラッセです。

他にプラリネもたくさん買いました。
プラリネが大好きなので、ナッツの香りとチョコレートのなめらかさがとてもバランスが取れていて美味しいです。

どの商品も甘過ぎることもなく、また海外のショコラに多いダークの苦さが強いわけでもなく日本の多くの人が好きな味だと思います。

ごちそうさまでした。

ブロンデル
東京都中央区銀座8-10-1
TEL:03-6228-5985
営業時間:11:00~20:00(2階カフェLOは19:30)
定休日:不定休

2009.11.07

松玄 凛

銀座にある松玄 凛に行ってきました。

元同僚の友人と久々に会いました。
私が今、千種区本山のジョイフルワールドをお教室として借りていますが、その場所を探してくれた友人なのです

松玄 恵比寿に行こうと思っていましたが、私が日本橋から、友人は汐留からだったので銀座にしました。

平日だから予約なしでいいかと思いましたが、満席でした
お茶をして時間を潰していたら席が空いたとの連絡が
個室を用意してくれました。

Img_2090タコのさつま揚げ。

Img_2091つくねです。

Img_2093蓮根饅頭 菊花餡がけ。
こちらはコースメニューの一品ですが、単品でお願いできるか伺ったら、できるとのことでしたので注文しました。

Img_2095最後はやはりお蕎麦。
こちらはぶっかけ蕎麦です。
友人曰く、松玄 恵比寿は具材が蕎麦の上にのって出てくるそうです。
かなりのボリュームでお腹がいっぱいになりました。

Img_2096こちらは私が注文した蕎麦茶のブリュレ。
甘みが抑えてあり、蕎麦の香りがほのかにしました。

Img_2097友人が注文した蕎麦の実のわらび餅。

松玄という名前は以前から聞いたことがありましたが、初めて行きました。
お蕎麦は石臼で挽いているのでコシがあり美味しかったです。

松玄 恵比寿や麻布十番松玄 凛は運営している会社が違うようです。

その他のカテゴリー

お土産 ご挨拶 その他 イタリアン イベント インドカレー ウエディング カフェ 喫茶 グアム コンサート コーヒー シャンパン ショコラ ショコラのお店 ジャム スペインバル スペイン料理 チカマチラウンジ チーズ デパート:ジェイアール名古屋タカシマヤ デパート:伊勢丹新宿店 デパート:名古屋栄三越 デパート:名鉄百貨店 デパート:大丸東京店 デパート:松坂屋名古屋店 デパート:西武池袋本店 ドライフルーツ ノリタケの森 ハウステンボス ハチミツ パティスリー パン パーティ ビストロ フラワー イベント フラワーアレンジメントレッスン フラワーデザインスクール エフデコラシオンからのお知らせ フレッシュフラワー フレンチ プリザーブドフラワー ベトナム料理 ホテル ミッドランドスクエア ラーメン ワイン ワイン イベント ワインショップ ワインバー ワイン会 三重 中国料理 中国茶 丸ビル 京都 割烹居酒屋 取材 和菓子 和食 地中海料理 多国籍料理(その他) 天ぷら 岐阜:岐阜市 岐阜:関市 岐阜:高山市 愛知:その他 愛知:一宮市 愛知:名古屋市 愛知:稲沢市 撮影 日本酒 書籍 東京ミッドタウン 東京:上野・秋葉原 東京:六本木・麻布・広尾 東京:原宿・表参道・青山 東京:新宿 東京:日本橋・東京駅 東京:池袋・要町・目白 東京:浜松町・品川 東京:渋谷・恵比寿・白金 東京:神楽坂・飯田橋・四ツ谷 東京:赤坂・溜池山王 東京:銀座 沖縄 洋菓子 洋食 焼き鳥 焼肉 甘味処 神奈川:箱根 神奈川:鎌倉 紅茶 紅茶専門店 緑茶 美容 美術館 習い事 花・芸術文化協会 蕎麦 表参道ヒルズ 西洋料理 豆腐 鉄板焼き 静岡 食材 JRゲートタワー JRセントラルタワーズ

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー