フラワーデザインスクールエフデコラシオンHP

フラワーデザインスクール エフデコラシオンのブログ

生徒さんのブログ



友人のブログ




無料ブログはココログ

« 赤坂 そば 沙伽羅 | トップページ | パリ発チョコレートの祭典 サロン・デュ・ショコラ2015 »

2014.12.23

レフェルヴェソンスに再び行ってきました。

東京で大好きなフレンチのお店、西麻布のレフェルヴェソンスに3年ぶりに行ってきました。

以前の記事はコチラコチラ、2回に分けて書いています。
よろしければご覧ください。

今回も夜に伺いました。
お昼はかなり早くから満席になりますから、ギリギリだとなかなか

最寄駅の表参道から歩くとちょっと遠いので、駅からタクシーです。

Img_5084
こちらは入口です。
以前のブログにも載せていますが、角度が違うかな~と思います。

Img_5085
こちらはウエイティングスペースです。

Img_5090
店内の様子です。
今回は奥の席になりました。
以前伺った際はちょうど写真の真ん中の写っている丸テーブルでした。
奥に写っている席が半個室です。

Img_5086
テーブルセッティング。

Img_5087
シャンパーニュ
でもどこのかわからない

Img_5089
最初に出していただけるオリーブは普通のとオレンジ味です。
こちらは変わらずです。

ディナーは、コース「願いと光」のみ。
タイトルは変わっていませんが、中身はもちろん違います。
今回はメニューをザッと拝見すると和の食材が目立ちます。
和の食材をフレンチにどう活かすか楽しみです

Img_5091
香箱蟹、人参、オレンジを2口で

層の部分を撮りたくて、ちょっと変な写真になってしまいました。

Img_5092
アップルパイの様に#17~
セップ茸、加賀蓮根、手長海老を3口で

アップルパイは以前も同じスタイルで出ました。
番号がついていますので、きっと17種類あるんでしょうね。
蓮根のシャキシャキした食感が好きなので、美味しくいただきました。

Img_5094
パンとバターは変わっていないと思います。
バターはロゴつきです。

Img_5096
ワインは食事に合うものをお任せでお願いしました。
こちらは後の料理のスモーキーさに合うとおっしゃっていたと思います。

Img_5098
とっても寒い日~
鱈の白子のポワレと桜肉のクリュ、長葱のピュレ、芽キャベツ、銀杏、ピモンデスプレット、紫バジルの葉

私は桜肉って食べた記憶がないので初だと思うのですが、美味しすぎてビックリしました
調理の仕方や新鮮さが良いんでしょうね。
鱈の白子は桜肉の下に隠れています。もっちりとして美味しいです
野菜は焦がしてあるので、スモーキーさが不思議なハーモニーです。

Img_5101
定点~
丸ごと火入れした蕪とイタリアンパセリのエミュルション、バスク黒豚のジャンボンセック&ブリオッシュ

ころんとかわいいですね。

Img_5102
白ワイン。

Img_5105
秋と土~
甘鯛をさっと焼いて、里芋のピュレと黒トリュフの香り、カーボロネロ、鱗のクリスプ、百合根、柚子

中身は
Img_5106
甘鯛が鯛ではない食感でした。
美味しかったのですが、ねっとり、というか・・・
香りが柚子やトリュフはもちろんのこと、他の食材からもして、また鱗がアクセントになります。

Img_5104
ワインは食事に合わせて出していただいているため、量は少なめにしてもらっていますが・・・結構飲んでますね

Img_5111
秋の空~
フォアグラのナチュレルと修道院の香り纏う柿、コリンキー、西京味噌のクランブル、オゼイユ・アルジャンテとオクサリス

真ん中のチーズみたいなのが、西京味噌です。
味噌というよりは塩味がするので、チーズっぽい感じです。
最近、柿を料理に使うのを目にしますが、甘さ控えめの柿でフォアグラに少し甘味が加わります。
家で柿が採れるので、今年もたくさん柿食べました

Img_5108


Img_5112
右と左で~
金宣烏龍茶

こちらは以前もいただき変わっていません

Img_5114
炎~
青首鴨胸肉の薪ロティとその内臓のジュ、根セロリのピュレ、ほうれん草とジロール茸、のこぎり草と野生の胡椒

当日入荷した青首鴨があと2皿ならできるということで、せっかくなので青首鴨に変更していただきました。
久々に青首鴨をいただきましたが、ものすごく美味しかったです。
お肉はあまり得意ではない、ましてやジビエは好きではない私でも(じゃ、何で食べるの?と思われそうですが)美味しいと思いました

Img_5116
お肉はナイフを選べるのですが、前回も選びました。
今回はこちらのナイフに。

Img_5117
チーズです。
チーズか時季のお野菜かを選べるのですが、やっぱりチーズにしちゃう
スプーンのはモンドールだったと思います。

Img_5123
秋まっさかり~
熟成和栗のクリームと竹炭プララン、ブールノワゼットのアイスクリーム、黒オリーブ、タカラ牧場の「小さなトム」のムース

お皿が黒なので写真ではわかりにくいのですが、竹炭がかかっています。
私が好きな黒の長方形のお皿です。
前回はこのお皿でいくつか提供されていたのですが、このお皿欲しいんですよね
デパートで見つけたけれど、ちょっと重くてまだ買っていません。

Img_5125
ほのかに焦がした~
リンゴのキャラメリゼとくろもじのアイスクリーム、ミューズリ

メニューを拝見している時から、くろもじって和菓子をいただく時の楊枝よね・・・と思っていたら、やはりそのくろもじでした。


Img_5126
ハーブティにしました。
奥に見えるのがバースディのキャンドルです。
実は私の誕生日ディナーなので、贅沢しました

Img_5127
ミニャルディーズ

今回はシェフとご挨拶ができませんでしたので残念でした。

前回は割って中から出てくるというようなサプライズな料理がありましたし、黒のお皿が多用されていましたので、見た目の好みは前回でしょうか・・・
初と2回目の違いはあると思いますけどね

スタッフの方が料理はその頃(私が伺った3年前)より進化していると思います、とおっしゃっていましたが、素人の私には正直なところ、どう進化したかはわかりませんが、相変わらず美味しかったですよ

今回のワインがスモーキーな感じのあまり飲んだことのないものでしたので、ソムリエさんのセレクト好きでした

ごちそうさまでした。

レフェルヴェソンス
東京都港区西麻布2-26-4
TEL:03-5766-9500
営業時間:12:00~16:00(LO13:30) 18:00~23:30(LO20:30)
定休日:不定休
※予約は2か月先の同日まで

« 赤坂 そば 沙伽羅 | トップページ | パリ発チョコレートの祭典 サロン・デュ・ショコラ2015 »

フレンチ」カテゴリの記事

東京:原宿・表参道・青山」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レフェルヴェソンスに再び行ってきました。:

« 赤坂 そば 沙伽羅 | トップページ | パリ発チョコレートの祭典 サロン・デュ・ショコラ2015 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー