フラワーデザインスクールエフデコラシオンHP

フラワーデザインスクール エフデコラシオンのブログ

生徒さんのブログ



友人のブログ




無料ブログはココログ

« 東洋軒 ブラックカレーパン | トップページ | スイスのショコラトリー ブロンデル(Blondel) »

2012.05.30

新しくオープンのイタリアン シクラメンテ 名古屋

2月にオープンしたイタリアンのお店、シクラメンテに行ってきました。
場所は上前津と鶴舞の間ぐらいでしょうか。私は矢場町駅からランの館まで行き、待ち合わせをして行きました。
ビストロ ルボルのすぐ近くです。

ワイン会というわけではないけれど、ワインを飲む友人たちとのランチ会でお邪魔しました。

今回は外観の写真も店内の写真もありませんが、外観はイタリアの国旗とシチリア州の旗が飾られています。

Img_3029
テーブルには切り株が置いてあり、この上にお皿が提供されます。
後程の写真で何となくおわかりになると思いますが、カジュアルな造りの店内です。

Img_3023_1
シェフから、ワインが皆が飲めるならグラスよりボトルの方が断然お得です、とのことで、ボトルでスプマンテをいただきました。

Img_3024
生ハムとイチゴ。イチゴは章姫です。
バルサミコといただきます。
木のスプーンに盛られていて原始的?な雰囲気

Img_3025
グリッシーニ。
試験管に入っています。
お花の花器でこういう花器があります。
グリッシーニと花を合わせるのもいいかも

料理は1500円~パスタセットがいただけますが、3000円のコースにしました。
お客様が食べたい物を聞いて下さり、その日の仕入れ食材に応じて料理を作って下さいます。

イサキのカルパッチョとかもできますし・・・と言われたので、カルパッチョは絶対に食べたいと思いお願いしました。
Img_3027
盛り付けが綺麗ですね白いキャンバスに絵を描いたよう
私はこういうところからデザインを考えたりもします。
引き出しの一つになりますので、五感に訴えかけるこの綺麗な盛り付けはいいですね
ちょうど一級建築士の方とご一緒していたのですが、建築士の方曰く、建築は直線が多いからこちらを見て直接デザインにつながることはないらしいです。(そうですよね

イサキは新鮮で美味しいです。
ソースが始めからかかっていないので、従来のカルパッチョというよりはお刺身にソースをつけて食べる感覚です。
奥の白いのは帆立です。

Img_3028
パンはトマトが練りこんであります。
すごく美味しい

Img_3030
蛸のショートパスタです。
ピリッとして美味しいです。
上にかかったリコッタチーズが辛さをマイルドにしています。
お酒がすすみますね

Img_3031
メインはお肉をお願いしているので赤ワインで
初めは渋みが強かったけれど、時間が経つにつれて良い香りがして美味しくなってきました。

Img_3032
またまた盛り付けが美しい。
切り株や木のスプーンでカジュアルかと思ったら、そうではないこのギャップがいいです。

お話を伺っていた時に魚が食べたそうだったので、魚とお肉にしました・・・とシェフ。
両方いただけることに。
Img_3033
お魚は何か忘れましたが脂がのっています。

Img_3034
お肉はスペイン産のラルポーク。熟成されている最高のものとのことです。
スペインといえばイベリコと思うけれど、最近のトレンドは違うのかしら~ね。
お肉もとても美味しいです
白いソースはひよこ豆です。

チーズかデザートか選べるのですが、
Img_3035
チーズが食べたかったので、チーズをいただきました。
右下のチーズは熟成されていて、ちょっと臭いがキツイです
臭いがダメな方やチーズが嫌いな方は食べられないかもしれないですね。
赤ワインでいただきましたが、デザートワインでいただくとより美味しいと思います。
添えられているジャムは自家製のイチゴとマーマレード。
イチゴジャムはスパイシーで美味しい。

Img_3036
こちらは男性たちのデザート。
真ん中の緑は最高のピスタチオらしいですよ。
隣のテーブルの方たちはピスタチオのジェラートを食べていました。ピスタチオ大好きだから食べたかったな~美味しそう
今回、私たち女子はチーズをいただき、男性たちはデザートをいただきました

食後の飲み物はコーヒーでも何種類か選べますし、エスプレッソやラテなども選べます。

Img_3037
カプチーノにしました。

以前アラン・デュカス氏のレシピ本出版記念の講演に伺ったことがあり(記事は書いていませんが)その時、おっしゃっていたのが、料理人は生産者が苦労して作った食材に愛情を持って料理を作らなければいけない・・・と。
食が→花に変わるだけで私たちお花の仕事をしている者にも言えることなのですが、シクラメンテのシェフとお話をしていたら、アラン・デュカス氏の言葉を思い出しました。

また一生懸命さも伝わり、料理を作ることが本当にお好きなんだろう、と思いました。

私たちの姿が小さくなるまでシェフ自ら入口でお見送りをして下さいました。
料理以外のことで人柄が表れると思いますので、これからますます発展していくと思いますし、応援したくなるお店です。

気軽に美味しいものがいただけます。

お店のHPは無いようですが、FBはありますよ。

ごちそうさまでした。

シクラメンテ(siculamente)
名古屋市中区千代田2-3-6
TEL:052-252-5090
営業時間:11:30~16:00(LO13:30) 18:00~23:00(LO21:00)
定休日:水曜日

« 東洋軒 ブラックカレーパン | トップページ | スイスのショコラトリー ブロンデル(Blondel) »

イタリアン」カテゴリの記事

愛知:名古屋市」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しくオープンのイタリアン シクラメンテ 名古屋:

« 東洋軒 ブラックカレーパン | トップページ | スイスのショコラトリー ブロンデル(Blondel) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー