フラワーデザインスクールエフデコラシオンHP

フラワーデザインスクール エフデコラシオンのブログ

生徒さんのブログ



友人のブログ




無料ブログはココログ

« La Maison du Choolat(ラ・メゾン・デュ・ショコラ)マロングラッセ | トップページ | ぎおん徳屋 京都 »

2011.12.23

KUSUMI TEA(クスミティー) SWEET LOVE

6、7年前になりますが、私がお花の研修などでよくフランスに行っていた頃、ボンマルシェで購入したクスミティー
缶がかわいい、ぐらいの単純な気持ちで買いましたが、有名なレストランで使っている高級茶です。

そのクスミティーのスウィートラブの紹介です
Img_2295
ネットで見ると缶もあるようですが、私はこの箱しか見たことがありません。

ワインに詳しい友人宅でのワインパーティでこのスウィートラブを出されたのが最初に知ったきっかけです。
私が去年の秋から受講している栄中日文化センターのショコラの講座で、先生がショコラ以外にチーズなども購入して帰国されるのですが、先日の講座でこのスウィートラブが
欲しいと3箱も購入してしまいました。

Img_2296
箱の横はエキゾチックな絵柄です。
先日来日されていたブータン国王夫妻に見えてしまうのは私だけでしょうか

Img_2299
ティーパックがぎっしり詰まっています。

Img_2302
布のティーパックです。
温度は85℃~90℃で3、4分なので、なかなか味がでません。
じっくり抽出するような感じですね。

黒茶とピンクペッパー、朝鮮ニンジンなど入っていて、甘さとスパイシーさが感じられ、不思議な香りです。
クセになる美味しさで、最近紅茶を飲む場合はこちらのクスミティーばかり飲んでいます。

ティーパックがまとまった状態で香ると太田胃散のような香りでってあまり美味しさが伝わりませんね
苦手な方はいらっしゃるかもしれませんが、こちらもレッスンでお出しするとかなり好評です。

« La Maison du Choolat(ラ・メゾン・デュ・ショコラ)マロングラッセ | トップページ | ぎおん徳屋 京都 »

紅茶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KUSUMI TEA(クスミティー) SWEET LOVE:

« La Maison du Choolat(ラ・メゾン・デュ・ショコラ)マロングラッセ | トップページ | ぎおん徳屋 京都 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー