フラワーデザインスクールエフデコラシオンHP

フラワーデザインスクール エフデコラシオンのブログ

無料ブログはココログ

フレンチ

2018.03.14

名古屋のフレンチレストラン レミニセンスでランチ

名古屋のフレンチレストラン、レミニセンスでランチしてきましたhappy01
最近、太りやすくなってしまい・・・bearingディナーではなくランチにしましたcoldsweats01

レミニセンスは伏見と栄の間ぐらいにあります。
高級生食パンの乃が美と同じビルです。
以前から行きたかったお店です。やっと行きました。

Dsc_0750
店内です。

ランチメニューは余韻と記憶

Dsc_0735
こちらは雲丹。
あおさの香りもして美味しいです。

Dsc_0733
シャンパンとワインのペアリングをお願いしました。
お昼ですけどね~smile

Dsc_0736

スープ仕立てです。

Dsc_0737
パンは木目のお皿、板ですが、お洒落ですshine

Dsc_0738
白子
フリットですが、とても美味しかったですnotes

Dsc_0739
白ワインwine

Dsc_0740
牡蠣
お皿から磯の香りがします。

Dsc_0741

鰻がとてもお洒落になっっていますshine

Dsc_0742
赤ワインwine

Dsc_0744
お肉は鴨
見た目は生々しいですが、美味しかったですよ。

Dsc_0745
デザートは蜜柑のソルベ

Dsc_0746
デザート2品目は苺です。
惑星みたいですね。

Dsc_0748
中を割って苺のソースをかけていただきます。

Dsc_0749
コーヒーと茶菓子です。

数年ぶりに会った美味しいもの好きの友人とのランチはとても充実したものでしたnotes

ごちそうさまでした!

2017.08.20

一宮市役所近くにオープンした西洋厨房シエル 一宮市 

久々の更新になります。
最近、インスタグラムを始めまして・・・手軽さに、ついブログの更新が疎かになってしまいますcoldsweats01

昨年の9月に一宮市役所近くにオープンしました西洋厨房シエルでランチしてきました。
カジュアルフレンチで、お箸でいただけるフレンチです。

ランチでよく伺う咲花の近くです(以前の咲花の記事はコチラ

何度も行っていますので、まとめて更新します。

Dsc_0304
入り口です。
ビル1階の奥まったところにありますが、道路からフランスの旗が見えるのですぐにわかりますよ。

Dsc_0305
ワインのボトルが飾ってあります。かわいらしい雰囲気のお店です。

Dsc_0295
店内は白を基調とした空間で、まだ1年経っていないこともあり、とても奇麗です。
写真に撮っていませんが、トイレの洗面も凝っていて、滝が流れるような形状の蛇口です(よくある蛇口ではありません。)

Dsc_0296
こちらは前菜の盛り合わせです。
キャロットラペやラタトゥイユなどがあります。

Dsc_0298
こちらはオードブルで、まぐろとアボカドのタルタルです。
1500円のランチにはオードブルがあります。

Dsc_0300
スープです。
写真では見えませんが、野菜の下にはアサリが入っています。

Dsc_0303
パンは2ついただけます。
いつも違うので何種類かあると思いますよ。

Dsc_0302
メインは鶏のトマト煮込みにしました。

この日は1500円のランチにしました。
300円でデザートと飲み物が付けられます。

それから後日は1000円のランチにデザートを付けてみました。

Dsc_0314
前回伺った時とはそれ程日にちが経っていませんが、前菜が違います。
今回はキッシュがありますね。

Dsc_0316
スープは枝豆でした。
クリーミーで美味しかったですnote

Dsc_0318
今回のパンはこちらでした。

Dsc_0320
メインはお魚にしました。

Dsc_0321
デザートはシエル特製プリンにしました。
卵が濃厚でとても美味しかったですよ~happy01

Dsc_0322
飲み物は紅茶にしました。

おまかせランチのメニューは変わるので、続けて伺っても同じメニューではありませんでした。
何度も伺っているので他にも写真がありますが、今度はインスタにアップしますねhappy01

ごちそうさまでした。

2016.05.09

表参道でリーズナブルなフレンチ ラス(L’AS)

先日、以前から行きたかったお店、表参道にあるラスに行ってきました。
昼も夜もおまかせコース5000円でいただけるということでとても興味がありましたhappy01

オープンしたての頃は全く予約ができなかった記憶がありますが、最近は早めに予約を取れば予約できると思います。
伺った日は夜ですが、やはり満席でしたhappy01

Img_5634
ワインのペアリングが5000円でしたので、ペアリングをお願いしました。
どこのシャンパンだったか・・・

Img_5635
自家製モッツァレラチーズ

Img_5636
ペアリングを注文した方にはサービスで、といただいたトカイワインwine
次のフォアグラとの相性がばっちりで、私が好きな合わせですnote

Img_5637
スペシャリテ フォアグラのクリスピーサンド キャラメル・オレンジ味
トカイワインとよく合いますが、中からキャラメルとオレンジの味がするので、ワインがなくても美味しくいただけます。

Img_5639
12ヶ月熟成のコンテチーズをたっぷりとかけた浜松産新玉ねぎの蒸し焼き
こちらは新玉ねぎ、コンテチーズ、オリーブオイルのシンプルなつくりですが、とても美味しいですnotes
それぞれ素材が活かされています。

Img_5640
ニコラ・ゴナン・アルテス13wine

Img_5642
ルッコラ、スナップエンドウ、メークインのサラダ 佐賀有明産イイダコの煮込みと蛸墨のソース
シンプルな味付けで、それぞれの素材の味がして美味しいです。

Img_5643
アランダ2012wine

Img_5647
オーロラサーモンのミキュイとホワイトアスパラのソテー サルディーニャ島のカラスミとヨーグルトのソース 菜の花とレモンのディップを添えて
サーモンは表面だけ炙っていて、香ばしく美味しいです。
ホワイトアスパラはシャキシャキして美味しいshine
カラスミや菜の花の苦み、レモンの酸味と色々な味が楽しめ、またワインにも合うし、奥が深い料理だと思います。

Img_5645
フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ2014wine

Img_5648
パン

Img_5650
サブレガス アルティザン シラー2009wine

Img_5652
静岡産富士鶏のロースト フランス産マッシュルームのソテー カシューナッツ 赤ワインソース
写真がボケましたshock

Img_5653
ミニトマトのコンポート、バジルジュレ ピアノグリッロ(ビオオリーブオイル)を添えて
甘みが控えめでバジルの風味が爽やかで美味しいです。

Img_5654
焼き上げベリーのミルフィーユ ストロベリー、モルベリー、リンゴンベリー、カシス、グロゼイユ
ベリーづくしのデザートです。
ベリーの酸味や甘み、またベリーの形を変えることで食感の違いができ楽しめます。
面白いデザートだと思います。

Img_5655
飲み物はオリジナルのハーブティーのみのようです。
ハイビスカス、ペパーミント、カモミール、レモングラス・・・などブレンドされていますが、美味しかったです。

夜に5000円で、これだけの料理がいただけるのは嬉しいですねnote

2部制なので仕方ないのですが、料理の提供のピッチが早いため、急いで食べなくてはならず、ゆっくり食事という雰囲気ではないかもしれません。
また満席でお客さんもたくさんですし、スタッフさんも大勢いらして活気があるのですが、静かな場所で食事がしたい時はやめた方が良いかもしれませんねcoldsweats01

でも料理は美味しいですし、3週間ぐらいでメニューが変わるようですので、また伺いたいと思います。

ごちそうさまでした。

ラス(L’AS)
東京都港区南青山4-16-3 南青山コトリビル1階
TEL:080-3310-4058
営業時間:12:00~13:00(LO15:00) 17:30~22:30(LO24:00) 日祝17:00~22:00(LO23:30)
定休日:火曜日を中心に月6回程

2015.11.21

京都 烏丸御池でフレンチ ラ・ビオグラフィ(La Biographie・・・)

先日、京都に行ってきましたnote

紅葉は色づき始めた頃で、青葉がまだありましたが紅葉も観てきましたmaple
紅葉の様子はもう1つのブログに更新しています(コチラ) ご覧いただけましたら幸いです。

京都は行きたいお店がいっぱ~いあってshine
和食でも良いし、やっぱり町家でフレンチかな~イタリアンでも良いし、いやいや、やっぱり和食・・・と迷いに迷い、また空きがあるお店を探していてスマホの履歴が京都の市外局番だらけになっておりましたcoldsweats01

キャンセル待ちで行けることになったフレンチレストラン、ラ・ビオグラフィでランチしてきました。
ミシュランで一つ星を獲得されているので、やはり簡単には予約が取れませんでしたよcatface

お店は烏丸御池駅より御池通を進み、衣棚通にあります。
ディナーにしようかとも思いましたが、ゆっくり食事をしたかったのでランチにしました。

Img_5522
こちらは外観です。
レンガ造りですが、和の雰囲気も感じられますね。

中に入るとウェイティングスペースがあり、滝本シェフがご挨拶してくださいます。

Img_5492
店内はシンプルモダンです。
席から座って撮ったので、写真の構図が変にshock

Img_5491
席からはお庭が眺められます。
どちらの席からもお庭が見えるようになっていると思います。

Img_5493
テーブルセッティングもシンプルですね。

Img_5494
バターです。

メニューはおまかせです。

最初に森のアロマ2014と題したお水が提供されます。
見た目は普通のお水ですが、ヒノキの香りがほのかにするお水です。
写真は撮ったつもりが、撮っていなかったようでcoldsweats01

Img_5497_2
私はシャンパーニュをwine
モーリスヴェッセルのもの。

Img_5498
ビールは私がいただいたものではありませんが、フランスのビールですbeer

Img_5496
こちらは甘草のクッキーです。

アペリティフは小さなものがいくつも提供されます。
Img_5499
原木椎茸とカカオ
黒いのがカカオで、薄い茶が椎茸で作った薄いサブレみたいなものです。
サクサクして柔らかいです。

Img_5500
海藻グリッシーニ
白いのは牛の骨だそうです。

Img_5501
燻製トラウト大根ルーレ・卵
サーモンと卵です。

Img_5502
グリュエール

Img_5503
朝採りラディッシュ畑のイメージ
土のように見えるものはオリーブだそうです。

Img_5504
左が田舎風炭化パテ、右がビーフコルネです。
炭化された黒いものは玉ねぎを炭にしたそうです。香ばしい香りと玉ねぎの香りがします。

Img_5505
秋茸 ロワイヤル ハシバミオイル
茸の香りが良く、簡単に言うと高級な茶碗蒸しです。

続いてはシェフのスペシャリテです。
京都ブライトンホテルのフレンチにいらした頃からのお料理だそうです。

Img_5507
卵 ショー・フロワー 小宇宙 1999 
シブレット/エピス/樹液
卵の味はもちろんしますが、メイプルの味や香り、スパイスの味・・・甘さとスパイシーさが混じっていて、これ!といった一言では表現できない深い味わいですgood

先日、フランスでのサロン・デュ・ショコラの模様をテレビで見ましたが、ショコラの中にこちらの味が入っているものを食べてみたい、と思いました。

器が面白いので横からも撮ってみました。
Img_5506
器が傾いていて惑星っぽく宇宙を演出していますよね。

Img_5508
白ワインをいただきましたwine
シャルドネだったと思うのですがsmile

Img_5510
螺貝/鮑/帆立貝/赤貝/鳥貝 2008
根セロリ/トマト/アルガンオイル
こちらはとても手の込んだお料理です。
メニューにアルガンオイルとあり、アルガンオイル??と思っておりましたhappy01
写真ではわかりにくいのですが、3層になっていて、何種類もの貝、白いところが根セロリ、ゼリーのような固めたものの3層です。
その固まった上には3種の丸いものが乗っています。赤いのがトマト、白が根セロリ、透明の丸がアルガンオイルなんです。
食べるのがもったいない、と思いながらいただきましたよdelicious
貝の風味と根セロリとほのかにトマトの味がして、美味しくいただきました。

Img_5511
松茸
海のブイヨン/穂紫蘇
松茸に魚で取ったブイヨンをかけていただきます。
洋風、土瓶蒸しです。

Img_5512
パンを撮り忘れていましたwobbly
1つ目はカンパーニュのような酸味があるパン。2つ目のパンは白くて柔らかいものでした。
全部で3ついただきましたbread

Img_5513
一本釣り 鰆 プレミアムエッセンス2010
人参/胡麻/柑橘
お魚料理は鰆です。
鰆に乗っている茄子にも見えるのは黒い人参です。
胡麻の風味もしっかりして和っぽくも感じますが、ソースや柑橘のジャムでやっぱり洋になります。

Img_5514
霜降り 信州牛背肉 低温100分グリヤード
大原静原の畑から・・・/軽いジュ
お野菜は大原の畑のものだそうです。
お肉は切るときは弾力があって意外と硬いのかと思いましたが、食べると柔らかいです。
予約を取った時間より早くても遅くても15分違う場合は連絡しなくてはいけないのですが、こちらのお肉の時間があるからだとメニューを拝見してわかりました。

Img_5515
デザートになります。
柿/アマレットコンフィ フロマージュブラン/ピスタチオ
柿が薄く切られて並べられています。
家に柿がたくさん生っているので、よく柿を食べますが、全く別の食べ物のようです、って当たり前ですねcoldsweats01
ピスタチオがカリカリした食感で美味しいです。
色のコントラストも綺麗ですねshine

Img_5517
和栗 グラッセ/抹茶
モンブランと抹茶のアイスクリームです。
モンブランも美味しいけれど、アイスクリームの抹茶が濃厚で。久々にこんなに美味しい抹茶のアイスクリームを食べましたheart01
こちらの写真、上手く撮れたと思っています。自画自賛ですねcoldsweats01

Img_5518
こちらは小菓子です。

Img_5519
コーヒー
ベルナルドの器です。
レストランで使われることが多いですよね。

Img_5520
私はハーブティーにしました。
ハーブティーは選べます。確か美肌に・・・というの選びました。

最初にも触れましたが、キャンセル待ちでOKになり、食事できました。
予約をした時、始めは夜なら空きがあるということでした。
新幹線の時間があるならば、少しリーズナブルな料金で品数を減らして質を上げることもできます、とおっしゃっていただいていたのですが、結局、レッスンの都合で京都行きの日にちを変更したため、お昼も夜も満席になってしまいました。
でもやっぱりこちらのお店へ行きたいと、ギリギリまで別のお店も予約し、キャンセル待ちしていました。

ランチは6,500円(サービス料10%、消費税別途)のみおまかせのコースになります。

キャンセル待ちした甲斐があったと思うくらい美味しく手の込んだお料理をいただくことができました。

夜にゆっくりいただきたいですね、ランチよりもっとワイン飲めるもんねwink

ごちそうさまでしたnote

ラ・ビオグラフィ(La Biographie・・・)
京都市中京区衣棚通御池下ル西側長浜町152
TEL:075‐231‐1669
営業時間:12:00~13:00(LO) 18:00~20:00(LO)
定休日:月曜日、火曜日(不定休あり)
HPはコチラ

2015.05.31

フレンチ有名店 カンテサンス(Quintessence)でランチ

先日、ミシュラン3ツ星のフレンチ、カンテサンス(Quintessence)でランチしてきましたhappy01

1ヶ月ぐらい前に予約電話をしたところ、キャンセル待ちでしたら…とのこと。
キャンセル待ち2番目で可能性はないこともないけれど、絶対でもない、とのお返事に、半分は諦めていましたが予約OKになりましたnote

食事の写真は個室しか撮れません。
ダイニングではNGのため、今回は全く写真がありませんcatface
ブログに掲載するには殺風景といいますか、文章力が問われると思いますが、ブログを始める前まではレストランで写真を撮っていませんでしたもんね。
食事中に写真を撮るのも・・・と思う気持ちと、物足りなさと・・・coldsweats01どちらが良いのでしょうね。

コースはおまかせで、ランチは8,500円、ディナーは18,000円です。
メニューは白紙のメニューなんですよ。
来店履歴を聞かれ、メニューは変えていただけるみたいです。

料理は素材を活かし、火の入れ方を追求されている料理で現代風フレンチです。

ウエイティングスペースはドイツ人照明デザイナーの紙切れの照明に、テーブルにエアープランツが置いてありました。

岸田シェフは愛知県の出身で、東京で成功されているのは同郷としては何だか嬉しいですよね。
勝手に親しみを持ってしまいますhappy01

お店ですが、少し不便な場所にあるのですが、品川駅または五反田駅から歩いて行けますよ。
でも暑い季節はタクシーが便利ですね。
ガーデンシティ行きのバスもあるみたいです。
私は品川駅まで乗り換えに時間がかかると思い、有楽町からタクシーに乗ったのですが・・・運転手がお爺ちゃんだったのと品川あたりの道が詳しくなかったようでcoldsweats02
近くまで来ていたのに、道を間違えられてお店の近辺をぐるぐる走ることになってしまい、予約時間から大幅に遅れてしまいましたshock
何度も謝られ、人の良さそうなお爺ちゃん運転手だったので仕方ないですねcoldsweats01
タクシーに乗るなら品川か五反田からでhappy01

ごちそうさまでしたshine

カンテサンス(Quintessence)
品川区北品川6-7-29 ガーデンシティ品川御殿山1階
TEL:03-6277-0090(予約専用) 03-6277-0485 (お問い合わせ・リコンファームなど)※受付時間9:30~11:00と15:30~17:00
営業時間: 12:00~15:00 (LO13:00) 18:30~23:00 (LO20:00)
定休日:日曜日中心に月6日、年末年始、夏期休暇
HPはコチラ

2015.05.24

ノリタケの森 レストラン キルンでランチ

先日、ノリタケの森にあるレストラン キルンでランチをしてきました。

キルンは生徒さんたちと教室作品展の打ち上げディナーをして以来なので、久々です(以前の記事はコチラ)

今まで教室作品展をノリタケの森ギャラリーで3回行っておりまして、以前はこちらのブログにお花のことや美容、美術館のことなども掲載していました。
以前に更新しました作品展の記事もご覧いただければ幸いです(コチラ

結婚式が入っていると貸し切りになってしまうため、事前に電話で確認したら、予約受付して下さいました。
当日に並ぶつもりでおりましたので、予約できて良かったnote
少し人数が多かったからかな~

私はBランチのお肉にしました。

Dsc_0768
こちらは前菜です。
真ん中のピンクのは生ハムにチーズが包まれています。

Dsc_0769
新玉ねぎのポタージュです。
こちらは全員が美味しいと言っておりましたshine
新玉の甘みとポタージュの濃厚さがありとても美味しかったですよ。

Dsc_0770
パンです。
ライスかパンか選べます。

Dsc_0772
メインの北海道産の牛肉のハンバーグ。
北海道産、というのでお肉のランチにしました。
弾力があってしっかりしたハンバーグでした。
ソースがオニオンソースで美味しかったです。

Dsc_0773
デザートです。
コーヒーなど飲み物がつきます。

全部、ノリタケの食器でいただけるのが嬉しいですよね。

ランチは人気で並ぶ、と聞いていましたが、すぐに満席になっていましたし、数人が待っていました。

この日は姪と行ったので、途中からテーブルマナー教室みたいになってしまいましたsmile
姪はきっと落ち着いて食事できなかったと思いますがcoldsweats01
私自身が小さい頃に、フォークやナイフが大人になって使えないと恥ずかしいということで、洋食レストランなど連れていってもらっていたのですが、そんな記憶が甦ってきました。

5000円以上で駐車サービスがありますので、食事をすれば1日の駐車券をいただけますよ。

ごちそうさまでした。

ノリタケの森 レストラン キルン
名古屋市西区則武新町3-1-36
TEL:052-561-7304
営業時間:11:30~14:30(ウエディングで午後から貸し切りの場合はLO12:30) 17:30~22:00(LO21:00)
レストラン キルンのHP

2014.12.23

レフェルヴェソンスに再び行ってきました。

東京で大好きなフレンチのお店、西麻布のレフェルヴェソンスに3年ぶりに行ってきました。

以前の記事はコチラコチラ、2回に分けて書いています。
よろしければご覧ください。

今回も夜に伺いました。
お昼はかなり早くから満席になりますから、ギリギリだとなかなかcoldsweats01

最寄駅の表参道から歩くとちょっと遠いので、駅からタクシーです。

Img_5084
こちらは入口です。
以前のブログにも載せていますが、角度が違うかな~と思います。

Img_5085
こちらはウエイティングスペースです。

Img_5090
店内の様子です。
今回は奥の席になりました。
以前伺った際はちょうど写真の真ん中の写っている丸テーブルでした。
奥に写っている席が半個室です。

Img_5086
テーブルセッティング。

Img_5087
シャンパーニュwine
でもどこのかわからないcoldsweats01

Img_5089
最初に出していただけるオリーブは普通のとオレンジ味です。
こちらは変わらずです。

ディナーは、コース「願いと光」のみ。
タイトルは変わっていませんが、中身はもちろん違います。
今回はメニューをザッと拝見すると和の食材が目立ちます。
和の食材をフレンチにどう活かすか楽しみですnote

Img_5091
香箱蟹、人参、オレンジを2口で

層の部分を撮りたくて、ちょっと変な写真になってしまいました。

Img_5092
アップルパイの様に#17~
セップ茸、加賀蓮根、手長海老を3口で

アップルパイは以前も同じスタイルで出ました。
番号がついていますので、きっと17種類あるんでしょうね。
蓮根のシャキシャキした食感が好きなので、美味しくいただきました。

Img_5094
パンとバターは変わっていないと思います。
バターはロゴつきです。

Img_5096
ワインは食事に合うものをお任せでお願いしました。
こちらは後の料理のスモーキーさに合うとおっしゃっていたと思います。

Img_5098
とっても寒い日~
鱈の白子のポワレと桜肉のクリュ、長葱のピュレ、芽キャベツ、銀杏、ピモンデスプレット、紫バジルの葉

私は桜肉って食べた記憶がないので初だと思うのですが、美味しすぎてビックリしましたlovely
調理の仕方や新鮮さが良いんでしょうね。
鱈の白子は桜肉の下に隠れています。もっちりとして美味しいですshine
野菜は焦がしてあるので、スモーキーさが不思議なハーモニーです。

Img_5101
定点~
丸ごと火入れした蕪とイタリアンパセリのエミュルション、バスク黒豚のジャンボンセック&ブリオッシュ

ころんとかわいいですね。

Img_5102
白ワイン。

Img_5105
秋と土~
甘鯛をさっと焼いて、里芋のピュレと黒トリュフの香り、カーボロネロ、鱗のクリスプ、百合根、柚子

中身は
Img_5106
甘鯛が鯛ではない食感でした。
美味しかったのですが、ねっとり、というか・・・coldsweats01
香りが柚子やトリュフはもちろんのこと、他の食材からもして、また鱗がアクセントになります。

Img_5104
ワインは食事に合わせて出していただいているため、量は少なめにしてもらっていますが・・・結構飲んでますねbleah

Img_5111
秋の空~
フォアグラのナチュレルと修道院の香り纏う柿、コリンキー、西京味噌のクランブル、オゼイユ・アルジャンテとオクサリス

真ん中のチーズみたいなのが、西京味噌です。
味噌というよりは塩味がするので、チーズっぽい感じです。
最近、柿を料理に使うのを目にしますが、甘さ控えめの柿でフォアグラに少し甘味が加わります。
家で柿が採れるので、今年もたくさん柿食べましたdelicious

Img_5108
wine

Img_5112
右と左で~
金宣烏龍茶

こちらは以前もいただき変わっていませんhappy01

Img_5114
炎~
青首鴨胸肉の薪ロティとその内臓のジュ、根セロリのピュレ、ほうれん草とジロール茸、のこぎり草と野生の胡椒

当日入荷した青首鴨があと2皿ならできるということで、せっかくなので青首鴨に変更していただきました。
久々に青首鴨をいただきましたが、ものすごく美味しかったです。
お肉はあまり得意ではない、ましてやジビエは好きではない私でも(じゃ、何で食べるの?と思われそうですが)美味しいと思いましたnote

Img_5116
お肉はナイフを選べるのですが、前回も選びました。
今回はこちらのナイフに。

Img_5117
チーズです。
チーズか時季のお野菜かを選べるのですが、やっぱりチーズにしちゃうcoldsweats01
スプーンのはモンドールだったと思います。

Img_5123
秋まっさかり~
熟成和栗のクリームと竹炭プララン、ブールノワゼットのアイスクリーム、黒オリーブ、タカラ牧場の「小さなトム」のムース

お皿が黒なので写真ではわかりにくいのですが、竹炭がかかっています。
私が好きな黒の長方形のお皿です。
前回はこのお皿でいくつか提供されていたのですが、このお皿欲しいんですよねshine
デパートで見つけたけれど、ちょっと重くてまだ買っていません。

Img_5125
ほのかに焦がした~
リンゴのキャラメリゼとくろもじのアイスクリーム、ミューズリ

メニューを拝見している時から、くろもじって和菓子をいただく時の楊枝よね・・・と思っていたら、やはりそのくろもじでした。


Img_5126
ハーブティにしました。
奥に見えるのがバースディのキャンドルです。
実は私の誕生日ディナーなので、贅沢しましたwink

Img_5127
ミニャルディーズ

今回はシェフとご挨拶ができませんでしたので残念でした。

前回は割って中から出てくるというようなサプライズな料理がありましたし、黒のお皿が多用されていましたので、見た目の好みは前回でしょうか・・・
初と2回目の違いはあると思いますけどねcoldsweats01

スタッフの方が料理はその頃(私が伺った3年前)より進化していると思います、とおっしゃっていましたが、素人の私には正直なところ、どう進化したかはわかりませんが、相変わらず美味しかったですよshine

今回のワインがスモーキーな感じのあまり飲んだことのないものでしたので、ソムリエさんのセレクト好きでしたhappy01

ごちそうさまでした。

レフェルヴェソンス
東京都港区西麻布2-26-4
TEL:03-5766-9500
営業時間:12:00~16:00(LO13:30) 18:00~23:30(LO20:30)
定休日:不定休
※予約は2か月先の同日まで

2014.11.03

銀座 ロオジエ 1周年アニバーサリーランチ

11月になりましたね。
今年もあと2カ月、月日が経つのは早いですねwink
今月は誕生月なので、毎年のことですが誕生日が終わると特別に何かがあったわけではなくても、あっという間に年末になり年が明けるような気がします。
ただ気分的なものでしょうけどねcoldsweats01

さて話を本題に。
誕生日の食事に伺ったのは資生堂本社ビルにあるロオジエですnote
友人が先月誕生日で、私が今月ですので、誕生日会の食事ですshine
ちょうどロオジエのリニューアルオープン1周年アニバーサリーの時期でしたので、アニバーサリーランチをいただきました。

かなり前、10年以上前のジャック・ボリー氏がシェフの時に伺ったことがありますが、その頃はブログをやっていませんでしたので写真を撮るなんてこともなく、頭のかなり奥に何となくの記憶といいますか・・・
料理は素晴らしい美味しさで、優雅な時間が過ぎていきましたcrown
またスタッフやソムリエの方が常にこちらを向いていらしてサービスが素晴らしかったのと、料理に合わせてワインを飲んでいたら金額がビックリshockということぐらいしか覚えておりませんcoldsweats01

Img_5052
入口からすぐのウェイティングスペースにて。
お花はダニエル・オスト氏がされていますので、こちらもそうなのかなhappy01
写真はメインダイニングはNGですが、こちらはOKなんです。

Img_5053
ちょっと写真がブレてしまいましたが、下がメインダイニングです。

Img_5054
トイレのパウダールームです。
化粧品が置いてありますが、もちろん資生堂happy01

お料理の写真はカメラを預けてスタッフの方にお願いしました。

Img_5056
アヴァン・アミューズ

Img_5057
アミューズ・ブーシュ
キャビアがどこのだったかなcoldsweats01
説明をいただきましたが、間違って覚えているかもしれませんので記載しません。

Img_5058
帆立貝のロティ セップ茸のクリーム 栗のチップスとアルバ産ホワイトトリュフ添え かぼちゃのニョッキ ムース仕立てのキノコのブイヨン
トリュフの香りとキノコのソースの香りが感じられ美味しいです。
秋ですね~maple

Img_5059
サラダ菜に包まれた甘鯛のヴァプール クレソンのクーリィ 蕪のフォンダンと貝類 鱗のクルスティヤン ソースシャンパーニュ
クレソンのクーリィが良い風味でした。

Img_5060
和牛フィレ肉のロティ トリュフソースのラケ フォアグラのラヴィオル 野菜のコンフィ
この上にソースをかけていただきます。
ダイニングでは撮れないので、食材だけのようですが、ソースがかかると食欲が増しますhappy01
上部の餃子みたいなのが、フォアグラが入ったラヴィオルです。
やっぱりフィレは美味しいnotes

Img_5065
こちらはアヴァン・デセールになりますでしょうか。
メニューに記載はないですが。
メレンゲの下は栗だったかなcoldsweats01
この頃には話が弾んでいて覚えていないかもsmile

Img_5066
プレ デセール
食べるのがもったいないくらいかわいいですねheart01

Img_5067
洋梨のコンポートとカシスのクレーム ソルベポワール ヌガティーヌのアクセント
下に何となく見えるものが洋梨です(大根にも見えたのですがcoldsweats01

この後はフリヤンディーズのワゴンをいただきました。
どれも美味しそうなのですが、お腹が限界になりつつ・・・
でもせっかくなのでショコラやギモーブ、キャラメルなどを少しいただきました。
そういえば高級フランス料理店はデセールが続くことを忘れていたshock
もうお腹がいっぱいwobbly

ワインはボトルの写真をお願いしました。
Img_5061

Img_5062
シャンパーニュをグラスでwine

Img_5063_2

Img_5064
赤ワインもグラスでwine

最後にシェフのオリヴィエ・シェニョン氏が各テーブルに挨拶にきてくださいます。
玄関でも写真を撮っていただきました。
気さくな優しい雰囲気のシェフです。

以前より席数が多くて席の間が広いような気がしますが、あまりにも前過ぎてほとんど覚えていないのですcoldsweats02

でもカトラリーは以前と同じくピュイフォルカということはちゃんと記憶していますhappy01
以前伺った時は、ちょうどテーブルコーディネートの教室に行っていましたので、勉強も兼ねてフレンチに行っていました。
食事というよりカトラリーや食器を見たり、テーブルセッティングや内装、空間装飾をよく見ていました。
それが今の仕事の役に立っているかはわかりませんが、全く無駄ではなかったと思っていますlovely
良い物や芸術に常に触れるということはとても大切なことなので、これからも美味しいものを食べに行くのはやめられませんdiamond

ロオジエには頻繁には行けませんが、記念日などにまた利用したいと思います。

私は名古屋から新幹線で直接お店に行きました。
名古屋からですと、品川で山手線に乗り換えて新橋駅3番出口から行くのが便利だと思います。

ごちそうさまでした。

ロオジエ
東京都中央区銀座7-5-5
TEL:03-3571-6050 0120-156-051
営業時間:12:00~14:00(LO) 18:00~21:00(LO)
定休日:日曜(月曜祝日は営業)GW、夏季、年末年始
HPはコチラ

2014.06.23

原宿にあるRestaurant-I (レストラン アイ)にてワイン会

行ってみたかったフレンチレストラン、原宿にあるレストランアイでワイン会があり、先月、参加してきました。

レストランアイといえば南仏ニースでお店を構え、ミシュランを獲得している松嶋シェフのお店で、世界最優秀ソムリエコンクール3位の石田ソムリエがいらっしゃいますね。
松嶋シェフは毎月1回は帰国されるそうですが、お忙しくて先月は帰国されていないようです。

原宿駅から竹下通りを歩いて行きました。

竹下通りは10年ぶりです。
10年ぐらい前、テーブルコーディネートを習っていたのですが、そのお教室が竹下通り沿いのビルにありました。
その当時は、お花の仕事を始めた頃で、フラワーとテーブルコーディネートを学んでいただけるトータルコーディネートの教室を主宰しようと考えていました。
そのためテーブルコーディネートの教室には本格的に学ぶために通っていたんですよ。
ご要望はいただくので、いつかテーブルもスタートしようと思っていますcoldsweats01

と、私の話が長くなりましたが、懐かしいと思いながら歩き、東郷神社を過ぎ、お店に到着note(実は入口はちょっと迷いましたcatface
東郷神社の方からではなく、ロータスの方から行ってくださいね。

お店に入るとすでに参加される方がたくさんいらっしゃり・・・私たちは初めての参加でしたが、前の席の方が色々説明してくださり、温かく迎えてくださいました。

以下、写真を掲載しますが、ほとんどの方が写真を撮られていなかったので、じっくり写真を撮るわけにはいかなくcoldsweats02
写真が綺麗に撮れていません。無いものもありますしbearing

Img_4893
写真がぼけていますね。

Img_4894
Img_4895
前菜

Img_4896
パン

Img_4897
緑アスパラガス ベーコン風味のサヴァイヨン カルボナーラ
後から見ると胡瓜にも見えますが、アスパラです。

Img_4898
鰻の赤ワイン煮込み
赤ワインに合うようにしてありますね。
美味しいnote

Img_4899
wine

Img_4900
オーストラリア牛のパヴェ エシャロットコンフィ、モワル ド ブブ

Img_4901
ガトー・ノア ド ペカン
洋酒が利いていて、とても美味しいですcrown

Img_4903
デザートと合いますhappy01
こちらの写真からわかりますが、店内は暗めで、ちょっと幻想的なんですよshine

お料理の量は少なめと言いますか、会費制のワイン会でしたので、腹八分目ぐらいでしたcoldsweats01

会費からして、そんなに高くないワインだと思うのですが、どれもワインが美味しくてshine
ソムリエのセレクトが良いのと管理がしっかりしているんでしょうねwine

次回はワイン会ではなくふつうに食事に行ってみたいです。

ごちそうさまでした。

Restaurant-I (レストラン アイ)
渋谷区神宮前1-4-20 パークコート神宮前1階
TEL:03-5772-2091(予約専用) 03-5772-2151
営業時間:11:30~15:00 (LO14:00) 18:00~23:00 (LO21:00)
※日曜日のディナーは17:00から営業、月曜が祝日の際は日曜日通常営業、月曜日が17:0022:00LO20:00
定休日:第2火曜日
HPはコチラ

2014.06.08

犬山市 文化財奥村邸内にある創作フレンチ なり多 

国宝犬山城がある犬山市で4月上旬に犬山祭りが行われていました。
テレビでしか観ていませんが、桜が満開で綺麗でしたね。

その犬山城近くにある文化財の奥村邸でいただく創作フレンチ、なり多でランチをしてきました。
といってもかなり前になりますcoldsweats01

Img_4356

犬山市は私の自宅から車で30分ほどかかります。
自宅の教室まで犬山市から生徒さんが通って下さっているのですが、やっぱり距離があるから大変だよな~と改めて感じましたcoldsweats02
ありがとうございます。

日にちが経っていますので、細かいことは忘れています。
ほとんどコメントなしでアップします。(ごめんなさいwobbly

Img_4332
こちらは入口です。

Img_4349
店内です。

Img_4355
中庭です。

Img_4333
お水が徳利で提供されます。

Img_4334
前菜は色々な種類があります。

Img_4336
Img_4345
パンはお皿ではなく籠で。

Img_4337
器がかわいいですね。
中身は
Img_4338
洋風茶碗蒸しだったと思います。

メインはお肉かお魚で選びます。

Img_4340
牛肉のパイ包みだと思います。

Img_4342
こちらは魚料理です。

Img_4344
ステーキ。
私はこちらにしました。

Img_4348
お食事はお茶漬けです。
ちりめんを入れて食べると美味しかったです。

Img_4350
お砂糖とミルク入れ
入れ物がかわいいですね。

Img_4352
Img_4353
デザートは横長の器に5つありました。

土日は男性客もいらっしゃると思いますが、ほとんど女性のお客さんでした。

私の住んでいる地域(どちらかというと田舎の方coldsweats01)でも、マンションや一軒家の新築はほとんど洋風になってきていますので、こちらのような古民家は懐かしさを感じて、いいですね。

帰る時に、ちょうどシェフとマダムが夜の買い出しに行かれるところで、駐車場まで色々お話して帰りました。
マダムはお話好きの気さくな方ですよ。

ごちそうさまでした。

フレンチ創作料理 なり多
犬山市犬山東古券395 文化財奥村邸内
TEL:0568-65-2447(予約専用) 0568-65-2450(ブライダル専用)
営業時間:平日11:00~14:30 17:00~21:00 土日祝11:00~14:30 18:00~21:00
定休日:火曜日(祝日は営業)
HPはコチラ

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お土産 | ご挨拶 | その他 | イタリアン | イベント | インドカレー | ウエディング | カフェ 喫茶 | グアム | コンサート | コーヒー | シャンパン | ショコラ | ショコラのお店 | ジャム | スペインバル | スペイン料理 | チカマチラウンジ | チーズ | デパート:ジェイアール名古屋タカシマヤ | デパート:伊勢丹新宿店 | デパート:名古屋栄三越 | デパート:名鉄百貨店 | デパート:大丸東京店 | デパート:松坂屋名古屋店 | デパート:西武池袋本店 | ドライフルーツ | ノリタケの森 | ハウステンボス | ハチミツ | パティスリー | パン | パーティ | ビストロ | フラワー イベント | フラワーアレンジメントレッスン | フラワーデザインスクール エフデコラシオンからのお知らせ | フレッシュフラワー | フレンチ | プリザーブドフラワー | ベトナム料理 | ホテル | ミッドランドスクエア | ラーメン | ワイン | ワイン イベント | ワインショップ | ワインバー | ワイン会 | 三重 | 中国料理 | 中国茶 | 丸ビル | 京都 | 割烹居酒屋 | 取材 | 和菓子 | 和食 | 地中海料理 | 多国籍料理(その他) | 天ぷら | 岐阜:岐阜市 | 岐阜:関市 | 岐阜:高山市 | 愛知:その他 | 愛知:一宮市 | 愛知:名古屋市 | 愛知:稲沢市 | 撮影 | 日本酒 | 書籍 | 東京ミッドタウン | 東京:上野・秋葉原 | 東京:六本木・麻布・広尾 | 東京:原宿・表参道・青山 | 東京:新宿 | 東京:日本橋・東京駅 | 東京:池袋・要町・目白 | 東京:浜松町・品川 | 東京:渋谷・恵比寿・白金 | 東京:神楽坂・飯田橋・四ツ谷 | 東京:赤坂・溜池山王 | 東京:銀座 | 沖縄 | 洋菓子 | 洋食 | 焼き鳥 | 焼肉 | 甘味処 | 神奈川:箱根 | 神奈川:鎌倉 | 紅茶 | 紅茶専門店 | 緑茶 | 美容 | 美術館 | 習い事 | 花・芸術文化協会 | 蕎麦 | 表参道ヒルズ | 西洋料理 | 豆腐 | 鉄板焼き | 静岡 | 食材 | | | | JRゲートタワー | JRセントラルタワーズ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー